So-net無料ブログ作成

餅つき&山陰への里帰り&過去記事で一年を振り返る [あいさつ]

 昨夜、こののところ毎年恒例の餅つきをし、そのまま外出して今年最後の忘年会を済ませました。

    昨夜、我が家で餅つきをしました&過去記事の紹介(昨年末の餅つき記事です)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2006-12-29

 いよいよ、平成19年もカウントダウンに入りました。

 私はこのまま明日の早朝には、二人の子供と共に山陰にある妻の実家に家族と共に車で出発し、そこでの越年となります。(道は雪のようですね。通行止めにならなければ良いけど...。)

 恐らくは、義妹の所の三人の子供達とうちの子供二人の合計5人の子供に囲まれ、喧噪に包まれた年越し、そしてお正月を過ごすことになろうと思います。

 皆様方に於かれましても、良い新年をお迎え下さい!

   

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。


 さて、平成19年をBLOGの記事で振り返ってみました。

 こうして過去記事を改めて眺めていると、子育てネタ有り、瓦・建築業界ネタ有り、社会問題政治問題ネタ有りの雑多なテーマを思いつくまま記事にしたなぁと思い起こします。

 一つ一つの記事にその時その時の思い入れを感じたりしていますが、BLOGの特性上過去記事はどんどん追いやられてしまい、カテゴリーの組み直しと思い入れのある記事のサルベージを定期的に行わなくてはと思いました。

 記事の羅列で長くなるので、興味のある記事だけでもお読みいただければと思います。

(なお、コメントは本記事に付けていただいても結構ですし、過去記事に付けていただいてもその記事に返事を付けさせていただくつもりです。)

 

 まず今年は、統一地方選で明けた一年でした。

 過ぎ会議員削減の署名運動に係わり、愛知県知事選や県議会議員選挙では投票率の低下は有権者の権利放棄だなどと宣い、市議会議員選挙では政策的な選択肢を有権者に明らかにせねばならないと「公開政策アンケート」成るものに取り組みました。

 これも基本は、「評論家ではなくプレーヤーでありたい」「自分に出来ることを自分なりにやる」という一つの表れであったつもりなのですが、果たしてどれだけの実効性があったかについては今まだ様子を見ている段階です。


    議会の自殺(高浜市議会定数削減運動のその後)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-18

    選挙の棄権は大人の行動ではない!(愛知県知事選マニフェスト)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-31

    投票率が下げ止まった!(愛知県知事選挙:マニフェスト)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-05

    高浜市議会議員選挙「公開アンケート」、キックオフしました。(統一地方選挙:公開討論会) 
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-03-16

    誰でも出来る政治参加「マニフェストをもらいに行こう!」(統一地方選)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-04-04

    市議選「公開アンケート」回答率100% 無事公開までこぎ着けました!(高浜市・統一地方選・公開討論会)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-04-11

    高浜市議選「公開政策アンケート」、終結宣言!(統一地方選挙・公開討論会・議会・選挙)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-04-25

 

 そして、瓦や建築関係をもっと沢山の人に知っていただきたいとの思いで、業界ネタを書き出したのも今年に入ってからでした。

 正直言って、瓦関係の記事は書いていて本当に楽しかったです
 業界内では常識になっている「屋根材の中で一番良いのは粘土瓦」だと言うことが一般になかなか理解されていない現況を、ちゃんと説明しさえすれば業界外の方達にもちゃんと解っていただくことが出来るということが、自分にとって感動体験ですらありました。

 そして同時に、瓦という一建材メーカーでしかなかった私に建築全般を見回す視点と、幅広い人間関係をBLOGを通して与えていただけたと感じています。

(僭越ながら業界の中で私しか書けないであろう事もあるとの意識も持っており、このシリーズは今後も主要な柱の一つとして続けてゆきたいと思っています。)

    地震で家が壊れる様を見てきました(E-ディフェンス耐震実験、そして瓦屋根)3/10追記有り
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-03-08

    「瓦屋根は地震に弱い」は、正しくない!?(阪神大震災)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-03-13

    甍(いらか)の波と、鯉のぼり♪(唱歌・日本の文化・瓦屋根)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-05-01

    屋根材を選ぶのは、軽さではなく、30年以上家を持たせられるかどうか!!で....。
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-06-18

    夏涼しく、冬温かい「瓦屋根」(屋根材による夏季・冬期の熱環境)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-06-20

    瓦研究会(和瓦の振興·全陶連:全国陶器瓦工業組合連合会·ウォーキングトレイル「鬼みち」·産業観光)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-29

    業界紙へ寄稿「屋根の重要性の再認識こそが、粘土瓦そして和瓦の復興につながる」
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-12-13

    「日本人なら瓦屋根」ロックバンド シナトラCD (瓦の振興)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-12-21

 

 地震関係の報告書記事も忘れられません。

 今年「能登半島地震」「新潟県中越沖地震」と大きな地震に二度も見舞われ業界としての現地調査に赴きましたが、いずれの被災地でもやはり悲痛な思いに囚われました。

 今被災地は雪の季節に入りましたが、何とかこの冬を乗り越えて一日も早い復興を願わずにはいられません。

(リンクとたどると過去数年間に起こった地震に関する瓦業界としての報告書がたどれます)

 

    「能登地震」瓦屋根に関する報告(新潟県中越沖地震、お見舞い申し上げます)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-07-17

    「平成19年新潟県中越沖地震」瓦屋根に関する報告書(平成19年7月16日 新潟県中越沖地震:柏崎市・刈羽村)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-08-23

 

 今年忘れられない出来事として印象に強く残っているのは、安倍首相の辞任劇でした。

 私個人としては、日本の首相としては前例のない安倍首相の考え方に深く賛同できるものがあり、マスコミを中心とした安倍おろしに抗しきれず健康をさいなまれ辞任に至った経緯にとても悲しい思いを感じました。

 願わくば、再び返り咲いてもう一度政治の表舞台に登場下さることを願ってやみません。

    時事評論は難しい!?(六カ国協議:柳沢発言問題)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-21

    大東亜戦争が正式名称との政府答弁書(安倍首相もなかなかやります:NATO演説・河野談話見直し)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-22

    参議院選挙を私達有権者はどう捉えるべきなのか?
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-07-25

    参院選の責任を言うのなら「下野論」が筋ではないのか?(安倍首相退陣論・参議院選挙敗戦処理)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-08-06

    えっ!!、安倍首相辞任ですか?(私はかなり評価していました)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-09-12

 

 業界関係では、6月20日の建築基準法改正がらみの記事も今年後半沢山の記事をかきました。

 はじめは私自身よく解っていなかったのですが、調べれば調べるほど今回の法改正をおかしいものに感じ、同時に国の建築行政の一貫性の無さに腹立たしく思えた「事件」でした。

 来年末に4号特例の廃止が日程に上がっており(来年末などと公式に言っていないなどの発言も飛び出し、混迷を深めています。国土交通省の文書に期日は書いてあったはずなのですが...。)、来年もこのテーマの記事は書き続けていきたいと思っています。

    建築基準法改正と瓦の出荷減。関係有りや?無しや?(戸建て住宅着工減:平成19年6月20日改正建築基準法)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-08-28

    首相交代と建築基準法改正後の混乱解消(公明党の素人大臣は勘弁して!)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-09-18

    福田首相所信表明演説。建築基準法改正問題·高耐久住宅に言及(建築確認の滞り・200年住宅)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-03

    自民党国土交通部会の国土交通大臣への申し入れ(建築基準法改正後の確認申請の大混乱)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-10

    建築関連中小企業に対するセーフティーネット(建築基準法改正・確認申請の滞り:金融支援)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-11

    ニチアス・東洋ゴムの耐火偽装、ゼネコンの手抜き工事の根本要因?
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-14

    木造建築の危機「4号特例廃止」(大工さんは何故黙っているの?)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-25

 

 そして、そして、そして、忘れてはならないのが「子育てネタ」。

 皆様方にはあまり関心の無いであろう事も随分あると自覚しつつも、子供の記事を書くと気が晴れ沈んだ心も沸き立つ事もあり、頭の中が煮詰まったときなど思わずこのネタに走ってしまいます。

 私が「親バカ」であると言うことは、十分自覚しています。
 でも止められないこのネタを、どうかお許し下さいませ!

    「とーちゃん、大嫌ーいっ!!」 瞬間動揺が走りました。
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-06-09

    「ダメなものは、ダメなのである!」理不尽な親のススメ!?(会津藩校日新館十訓:会津什訓)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-06-11

    娘の育て方は、男親の私には謎だらけ?(長女と父親)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-06-13

    鬼嫁のお腹に、三人目が宿りました。
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-08-08

    お父さんが「おとうさん」になった日。娘が「おねえちゃん」になった日。
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-05

    子供の成長を実感した、保育園の運動会!!
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-10-12

    鬼嫁の向上心!?(子育てしながら習い事:着付け·生け花·お茶·そして仕事...。和服·茶道)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-02

    4歳長女に衝撃!「インフルエンザ予防接種」(インフルエンザ治療薬:タミフル)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-28

 

 そこから付随するように「教育問題」についてもいろいろなことを考えるようになり、自分の子育てを通して考えたことも幾つか記事にしました。

 当然我が家では現在進行形で子育て進行中ですので、行きつ戻りつ、時には道に迷いながらも様々なことを考え、自分の子育ての中にも取り入れてきました。

 特に最近自覚するようになったのは、「自分の子供を育てていると言うよりも、子育てという場を通して自分が育てていただいている」ということで、自分自身の成長の良い切っ掛けをいただいています。

    子供のことは、子供達の社会にまかせましょう!(いじめ 昔の家族はこうだった?)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-08

    亡き祖母の乳母車を復活させました!
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-29

    幼児教育について考える!(英語教育:鬼嫁と冷戦中)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-10

    心臓病・成長遅れも、その子の個性!?(アトピー・LD・ADHD・心臓中隔欠損症・他)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-26

    昨日「鯉のぼり」をあげました。(屋根には瓦、庭には鯉のぼり、旗日には日の丸)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-04-02

    子供社会が成熟していました!? &鬼太郎ロード(水木しげるロード)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-05-07

    少子化問題、間違った論点!(年金制度を守るために子を産むの?...

    子供は、「育てるもの」でなく「育つもの」!(性善説での教育論議)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-12-06

 

 最後に、社会問題や日本について思うこと

 もともと私がBLOGを開設したのは、これが書きたかった事によるのですが、思うことは多々あっても記事にまとめている時間が無く、皆様のBLOGにお邪魔してのコメントという形での情報発信の方が多くなってしまいました。

 それでも折々に思うことは、自分の言葉で記事にして皆様方のご意見をうかがいたいと思っています。

    地元神社の靖国神社遙拝所続報&護国神社の祠(初詣)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-05

    改正の手続きを定めてないのは憲法違反(違憲状態)ではないのか!?
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-01-10

    少子化問題、間違った論点!(年金制度を守るために子を産むの?)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-02-17

    「昭和の日」 町内に「日の丸」を掲げた家を見つけました!(旗日には日の丸を掲げよう)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-04-30

    「終戦の日」の国旗は、「半旗」が作法。(正式呼称は『戦歿者を追悼し平和を祈念する日』:「終戦記念日」ではありません!)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-08-11

    米軍は何故、日本に駐留しているのか?(日本を守るためではなく、アメリカの都合:沖縄の基地問題:嘉手納基地:自主防衛)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-09-06

    喫煙者への迫害と、あくまでも戦うのだぁぁ?(禁煙者との戦い:嫌煙権VS喫煙権)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-09-24

    地域格差は交通網の発達が原因?(東北出張で考えた。幸せとは?・格差社会·交通インフラ)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-06

    戦前·戦中·戦後派の価値観?(戦時体制以前と以後で、かなりの相違が?)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-12

    「勤労感謝の日」はおかしい?(祝祭日とは?·国民の祝日?·新嘗祭)
    
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2007-11-22

 もともと私の場合、ネットの匿名性の中での空理空論というのが嫌いで、等身大の自分がBLOGと言う個人メディアで実名で責任を持てることを書こうと始めたものです。

 それが、これほど多くの方達に足をお運びいただき、コメントなどを通した意見交換がこんなに活発にしていただけるとは思っても見ませんでした。

 またBLOGの中での素晴らしい出会いのみ成らず、実際にお会いして意気投合した方も何人か出来たり、始めるまでは狭い視野しか持たぬ自分に本当に大きな勉強の場を与えてくださったのも、やはりこのBLOG皆様方との大きな出会いがあればこそです。

 開設当時のBLOGと少し形は変わってきましたが、今後も自分の頭で考えたことを等身大の自分が書くというスタンス出来るだけ長く続けてゆきたいと思っています。

 年内はこの記事で最後となります。

 来年も引き続きよろしくお願いいたします!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。


PS.
 12月29日時点 のデーターです!

 BLOG開設  平成18年6月17日
 総ヒット数   114,609 ヒット(コンスタントに1万ヒット/月を超えるようになりました。直近の一ヶ月は1万5千ヒットありました)
 総記事数       110 記事
 総コメント数    1,217 コメント
 総nice!数      506 nice!(so-net BLOG以外の方、申し訳ありません)


 


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

nice! 6

コメント 10

奥さんの実家でのひととき、嬉しい年末年始ですね!
子どもたちもこちらとは違う気候、風土、環境で
楽しみなのではないでしょうか?

また休日中の記事、楽しみにしています!
良いお年をお迎えください♪
by (2007-12-29 18:40) 

道中お気をつけて。
今年も1年、お世話になりました。来年も宜しくお願い申し上げます。
毎回記事を楽しみにしていますよ。
by (2007-12-29 22:46) 

こう

移動が大変ですね。お気をつけて!
楽しい正月になりそうですね。

とにかく家を建てたいので、住宅ネタは大変参考になりました。
「日本(ニッポン)人なら瓦屋根ー」ですね。
by こう (2007-12-30 04:03) 

おばりん

今年は大変お疲れ様でした。まだご実家に移動という大仕事が残ってるのですね。
日章旗の記事が取り持つご縁ですが、いつもくださるコメントに力を頂戴します。
来年も変わらずよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。
by おばりん (2007-12-30 21:12) 

たいせい

ぺんたごんさん、子供たちにとって同年代の従姉妹たちと遊べるのが何よりも楽しみなようです。
(それと雪遊び)
新しい年も引き続きよろしくお願いします。
nice! &コメント、ありがとうごさいました!
by たいせい (2007-12-31 08:06) 

たいせい

STEALTHさん、昨日特に渋滞もなく無事鳥取県米子市の妻の実家に到着しました。
(山越えはやはり雪でした。携帯電話でのコメントです)
こちらこそ、引き続きよろしくお願いします。
nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2007-12-31 08:16) 

たいせい

こうさん、雪の天気予報を嫌ったのか?年末の帰省時期にしては驚くほど車が少なく、お昼には到着するという順調な旅路でした。
こうさんの記事も毎回楽しみにさせていただいています。
新しい年も、よろしくお願いします。
nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2007-12-31 08:26) 

たいせい

おばりんさん、ここ米子では雪の朝を迎えました。
金沢もかなりの雪ではありませんか?
子供たちは、雪ダルマを作ったりソリで遊んだり日頃愛知では出来ない遊びをしようと大興奮です。
おばりんさんの毎回の記事、本当に楽しみにしています。
来年もよろしくお願いします。
コメントありがとうございました!
by たいせい (2007-12-31 08:36) 

道中、お気をつけて~(^^)/
ご家族みなさま、良いお年をお迎えくださいませ☆
来年もよろしくお願いします。
by (2007-12-31 13:52) 

たいせい

夢空さん、昨日無事に米子に着き、義妹の子供を含め5人の子供に囲まれて慌しい年末を過ごしています。
来年もよろしくお願いします。

nice! &コメントありがとうございました。
by たいせい (2007-12-31 18:44) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

メッセージを送る
Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。