So-net無料ブログ作成

昆虫の羽化(アゲハチョウ・シオカラトンボ・ギンヤンマ・カブトムシ・セミ) [趣味とこだわり]

IMG_4751.jpg

 ここのところ記事の更新をサボり、失礼しております。

 しかし、BLOGの記事こそ書けていませんが、記事ネタと写真は毎日溜まっています。

 時折断片的にFacebookなどで写真を公開していますが、ここで一挙公開昆虫の羽化編です。

 写真主体になりますが、虫が苦手でないかたは是非見てくださいませ...。

 


IMG_4654.jpg
記事とは関係有りませんがうちの男坊主の散髪前→散髪後(これも羽化の一種?)

 毎年夏のこの時期このBLOGを飾っていたのがセミの羽化記事です。

 我が家の庭を賑わせるクマゼミ・アブラゼミにはじまり、昨年はニイニイゼミなどというマニアックな羽化まで写真におさめ、記事を書いてきました。

「セミの幼虫捕獲法」「アブラゼミの羽化」セミの羽化2009-2
http://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2009-07-25

クマゼミの羽化、今年も最盛期!
http://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2011-07-17

はじめて見ました「ニイニイゼミの羽化」!(この連続写真は希少価値では?)
http://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2011-07-29

IMG_4618.jpgIMG_4638.jpg

 今年も当然セミの羽化の観察会はやっていますが、アゲハチョウ・トンボに拘って羽化を追っかけていました。

 

 


「アゲハチョウ」

 去年も何度かアゲハチョウの羽化は成功させていましたが、今年は写真を撮ろうと待ちかまえていました。

 ただしアゲハチョウの羽化は時間が読めず、いつも気がつくと終わっており羽化の連続写真を撮る頃が出来ませんでした。

 来年への課題です。

IMG_4518.jpg アゲハチョウの幼虫(山椒の木)

IMG_4524.jpg アゲハチョウ-最終齢

IMG_4529.jpg サナギになる直前

IMG_4533.jpg アゲハチョウのサナギ

IMG_4576.jpg
アゲハチョウ-羽化失敗

IMG_4586.jpg

アゲハチョウ-羽化成功

 

 アゲハチョウの仲間であるキイロアゲハ(パセリの苗に付いていました)も捕獲し、羽化を見ようと待ちかまえたのですが、飼育ケースの上を粗めのアミにしていたが為にサナギになる直前に逃げられてしまった残念な事件もありました。

IMG_4496.jpg キイロアゲハ-最終齢幼虫

IMG_4499.jpg 逃げられた飼育ケース


「シオカラトンボ」

 今年初めてチャレンジしたのがトンボの羽化です。

 今年5月、我が家の隣に流れている用水の側溝の水をすくったら、シオカラトンボのヤゴが入っていました。

 そこで側溝の泥をすくったら、な・な・なんと!?、ヤゴが十数匹も獲れたではありませんか。

 さっそく飼育ケースに入れて飼いはじめたのが始まりです。

IMG_4581.jpg シオカラトンボの脱皮したヤゴの抜け殻

 ヤゴを飼って困ったのはエサで、初めのうちは田んぼで小さなオタマジャクシを捕まえ水槽に入れていたのですが、オタマジャクシはみるみる大きくなりヤゴをつつきだしたではありませんか。(エサであったはずのオタマジャクシと立場が逆転)

 ネットで調べてみるとアカムシが良いとの情報があり釣具屋に買いに行っても、「アカムシは冬のエサで夏はおいていない」との悲しい返事、ペットショップで冷凍アカムシを買って与えても動かないものには興味がない様子で見向きもしません。

 仕方なしにメダカを買ってきて水槽に入れたら、大きなヤゴは何とかこれをエサにしてくれました。

(小さなヤゴは共食いで食べられたのか?、それとも大きくなってくれたのか?、謎です。)

IMG_4680.jpg シオカラトンボ-羽化

IMG_4606.jpg シオカラトンボ-羽化

 シオカラトンボの羽化で今年学んだのは、羽化したては雄も雌もムギワラトンボと言われる黄色と黒の縞模様で、羽化後成熟した後にオスだけが塩を吹いたような水色になるということでした。

(メスがムギワラトンボだとは知っていましたが、オスも羽化したては同じ色だとは思いませんでした。何匹羽化を見てもムギワラトンボにしかならず、調べた結果解ったことです。)

IMG_4611.jpg 羽化したてはこんな色

 


「ギンヤンマ」

IMG_4600.jpg ギンヤンマ-ヤゴ

 ギンヤンマのヤゴを発見したのは、小三の娘の友だちから 「たんトピア」(碧南火力発電所の展示施設:ビオトープがあります)でヤゴが獲れると聞き、遠征したことに始まります。

 捕まえてみたらデカイ!デカイ!、顔もどう猛、運動能力もシオカラトンボとは格が違い、魚のように水の中を泳ぎ回ります。

 シオカラトンボ一緒に飼育ケースに入れるとメダカを易々と捕まえるのは勿論、シオカラトンボのヤゴをパクパクと食い尽くすではありませんか!(運動能力では格が違いました。)

IMG_4674.jpg 木に登るギンヤンマのヤゴ

 ただし、ギンヤンマの羽化はなかなか思うようにいきませんでした。

 羽化するために木に登っても体を左右に強く振り、立てておいた木が倒れて失敗したり、朝見ると羽が上手く伸びきらず飛べなかったり死屍累々でした。

IMG_4733.jpg
止まり木から落ちるのでカーテンにとまらせて羽化

 ネットで調べていて原因がわかりました。

 トンボの羽化には2タイプ有り、直立した木の幹で羽化するタイプとそうでないものがあり、

 そうでないものは斜めになった枝で体をぶら下げられないとうまく羽化が出来ないらしく、うちの飼育ケースに立てた止まり木は直線過ぎて上手く行かなかったようでした。

 その後、止まり木の上部にボロぎれをゴムでしばって膨らませる事によりヤゴがとまったときに腹部が棒から離れる改造を行い、上手く行くようになりました。

IMG_4751.jpg

 

 以上平成24年の山本家昆虫記でした。

(今年は子ども達に見せるという本来の目的を逸脱し、私の趣味の領域に大きく踏み込んでしまいました....。)

 


(おまけ)

 ゴールデンウイークに妻の実家で獲ってきたカブトムシの幼虫は、飼育係の子ども達&妻の無精にょり(人のせいにするな!って)、1匹しか羽化できなかったようです。

IMG_4609.jpg

 

IMG_4654.jpg
子ども達は我が家で散髪(とーちゃんが床屋さん)

nice!(41)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 41

コメント 5

yanasan

子供さんの“羽化”も楽しみですね。
by yanasan (2012-08-13 22:16) 

駅員3

たくさん飼ってらっしゃるのでしょうか、すごいですね。
by 駅員3 (2012-08-15 23:15) 

袋田の住職

ギンヤンマの羽化は貴重ですね。
羽化したばかりのキアゲハはとてもきれいですね。
by 袋田の住職 (2012-08-16 11:20) 

やま

こんばんは
うちではカーちゃんが髪を切ってくれます。
by やま (2012-08-17 23:30) 

sachi

ご無沙汰しております。
久々のブログ拝見 昆虫の羽化 素晴らしいですね。
お写真がとても綺麗です。
お子さん 大きくなられましたね。
by sachi (2012-10-27 16:39) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

メッセージを送る
Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。