So-net無料ブログ作成
検索選択

スタッドレスタイヤ新調しました。ついでに工具も...。「ブリヂストン ICEPARTNER」 [趣味とこだわり]

IMG_5053.jpg
新しいスタッドレスタイヤ「BS ICEPARTNER」

 昨年まで履いていたスタッドレスタイヤ「ブリザック レボ2(BLIZZAK REVO2)の溝がいよいよ無くなって、今シーズンスタッドレスタイヤを新調しました。

IMG_5044.jpg
すり減ったスタッドレスタイヤ

 買ったタイヤは「ブリヂストン アイスパートナー(BRIDGESTONE ICEPARTNER)というあまり一般には売られていないタイヤ。

 このBLOGとしてはちょっと趣が変わりますが、今回はこのタイヤを選んだ経緯を記事にします。

 


IMG_5040.jpg

 

 今回スタッドレスタイヤを選ぶのに考慮したのは以下の点です。

  1.  
    1. かつてほど距離を走らず同じスタッドレスを何年も履く可能性が高いため、「経年変化が少なくいつまでもゴムの柔らかいタイヤ」
    2. 雪の東北に行く機会は無くなり、雪面を走る機会と言えば、「たまに降る愛知県の雪」「妻の実家往復の米子道-蒜山越え」で、かつてほどアイスバーンでの性能を重視する必要はなく、「そこそこの雪面性能」
    3. もちろん我が家の財政上、「そこそこの値段」

 

 履きつぶしたREVO2は思っていたより良いタイヤでした。

 3シーズン履きましたがゴム自体はまだ柔らかく、溝さえ残っていれば十分現役で使えそうです。

 過去にダンロップ・ヨコハマ・ブリヂストンとスタッドレスを履き替えてきましたが、ブリヂストンの最大の特徴は2シーズン・3シーズンと年を経た段階でのゴムの柔らかさだと思います。

 反面、柔らかさゆえにゴムの摩耗が早く比較的早くタイヤマークが現れる様な気がしますが、雪や氷の上でとまらなければスタッドレスの価値はなく、ここ10年ほどしばらくの間ブリザックしか履いていません。

IMG_5036.jpg 

 ただ、ブリヂストンは高い!

 最新の「REVO GZ」はもちろん、型落ちの「REVO 2」でさえ、他社のスタッドレスに比べてハッキリ言って高すぎです。

 そこで今回のタイヤ選びは、ブリヂストンにするか?よそにするかの選択でした。

 どこのスタッドレスでも、買ったそのシーズンは不満なく止まります。

 仕事で距離を走っていた頃は1シーズン(長くても2シーズン)で履きつぶしており2年後3年後はさほど気にする必要ありませんでしたが、今の走行距離では何年も同じタイヤを履くことになり、やはり最優先は経年変化(時間が経ってもゴムが柔らかい)が少ないことになります。

(ブリヂストンのスタッドレスで使われている発泡ゴムの素晴らしさは、実際経験しています)

BLIZZAK(スタッドレス タイヤ)  乗用車用タイヤ  株式会社ブリヂストン
http://www.bridgestone.co.jp/personal/tire/blizzak/index.html

 

 今回よそのタイヤで気になったのはヨコハマ アイスガード5(YOKOHAMA ice GUARD 5)IG50。

 経年変化が少ないことを謳い文句にして今シーズン新発売の(逆に言うとこれまでのタイヤは経年変化が大きかったということです)スタッドレスです。

アイスガードファイブ誕生|スタッドレスタイヤならヨコハマタイヤ【アイスガードシリーズ】
http://www.iceguard.jp/five/

 

 そんなわけで高すぎる「レボGZ」は置いておいて、「レボ2」「アイスガード5」のいずれかにしようと、近所のタイヤショップで値段の検討に入っていました。

 

IMG_5034.jpg

 そんな感じでショップを探すうちに見つけたのが、今回買った「アイスパートナー」です。

 実はこのタイヤ、ブリヂストンのwebページに載っていません。

 どうやらブリヂストンしか扱っていないタイヤショップ専用のタイヤで、公式には情報を流していない製品のようです。

 ゴムを触ってみると夏タイヤより柔らかいのですが、スタッドレスとしてはかなり硬めの設定。

 ただハッキリと「MADE IN JAPAN」の表示があり、最近の廉価版中国製スタッドレスとは違うようです。

IMG_5037.jpg

 

 ネットで探すと、わずかばかりの情報。

  1.  
    1. 発砲ゴム使用(経年変化に強そう/店の人も言っていました)
    2. 氷上性能は当然の事ながら「レボ2」「レボGZ」に及ばない(価格なりと言うことでしょう)
    3. ブリヂストンのスタッドレスの中で、最も転がり抵抗が少ない(低燃費)
    4. ブリヂストンの中では価格が割安(でも他社の普及版より高い)

【新製品】ブリヂストン アイスパートナー(性能情報追加)|マーシー0705のページ|ブログ|マーシー0705|みんカラ - 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)
http://minkara.carview.co.jp/userid/1287567/blog/27496902/

 

 数年後先まで使う今の私の走行距離と乗り方からすると、「経年変化に強い」「燃費に優しい」「長持ちしそう」「なにより家計に優しい」、このタイヤがベストチョイスではないかと思いこのタイヤを買うことにしました。

 アスファルト路面で減りの速い「レボGZ」や「レボ2」よりも、むしろこのタイヤの方が向いているのかもしれません...。

 

 年に数度の雪で、街乗りだけであれば、率直なところどのスタッドレスでも良いと思います。

 ただし、買ったシーズンはよいのですが、翌シーズン以降ゴムの堅くなるタイヤはどんどん効かなくなるのがスタッドレスタイヤだと言うことは覚えておいてください。

 

IMG_5053.jpg 

※ このタイヤの情報がネット上になかったので、あえて書いた記事です。
※ このBLOGの記事としては多少趣が違いますがご容赦下さいませ。

 


「ついでに買ったタイヤ交換アイテム」

IMG_5041.jpg
油圧ジャッキ

IMG_5042.jpg
電動インパクトレンチ

 (工具を買ったことは、鬼嫁にはナイショ!?)

 


「すり減った夏用タイヤ」

IMG_5046.jpg
 外した夏用タイヤ

 夏用タイヤも哀れな姿になっています。

 春になったら買わなければ...。


nice!(36)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 36

コメント 2

浜松自宅カフェ

スタッドレスタイヤにお世話になることはなかったため、比較検討したことは
ありませんでしたが、参考になりました。
久しぶりにたいせいさんらしい文章を拝見し、ちょっと懐かしくなりました(笑)
by 浜松自宅カフェ (2013-01-06 22:00) 

yanasan

大事な命を載せて走るのですから、性能の良い物を選びたいですね。
by yanasan (2013-01-07 20:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。