So-net無料ブログ作成
検索選択
その他 ブログトップ

山倉瓦工業株式会社生産休止と、その後の製品供給について [その他]

 私の勤務する山倉瓦工業株式会社で9月1日付で生産活動の休止を決定し、お客様への通達文を送付させていただきました。

 基本的に今回発表したのは生産活動の休止のみで、今後の販売については弊社製品である防災瓦「バッチリくん」「バッチリくんPLUS」の同業者からのOEM供給体制をまとめ、販売会社である山倉商事株式会社の活動は従前通り行う旨の発表だったに係わらず、情報の錯綜や噂話などからお客様への対応に追われた数日間を過ごしました。

 特に衝撃的だったのはアクセス解析などを見てみると「山倉瓦 倒産」などという発表内容とはかけ離れたキーワードでこのBLOGにいらっしゃる方があったことで、BLOG上では直接会社に係わる記事はこれまであえて書いてこなかったのですが(一般論として瓦関連の記事は書いてきましたが)あえて会社としての公式発表を記事として載せさせていただきます。

成20年 9 月 1 日

お客様各位

愛知県岡崎市合歓木町字平池1番地
山倉瓦工業株式会社
山倉商事株式会社
両社代表取締役 山本生駒

山倉瓦工業株式会社生産休止と、その後の製品供給について

 拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご支援を賜り誠にありがとうございます。
 さて弊社は昭和39年の会社設立以来、一貫して粘土瓦の製造販売を業として参りました。しかしここ数年来の燃料費をはじめとする原材料の高騰、建築業界全体の低迷と地震の度に毎度繰り返される瓦への逆風による出荷量の退潮現象に悩まされ続けてきました。それら粘土瓦への逆風に対抗すべく、お客様各位のご指導ご鞭撻をいただきつつ、高品質な製品の製造、コストダウンへの注力、高付加価値製品の市場投入などによって歯止めを掛けるべく努力し、今年5月期の決算では同じ一年間の和型陶器瓦組合統計82.9%に対し自社製品の売上げ97.6%でしかも平均販売価格の向上が図れたなど、一定の成果を上げることも出来ました。
 しかしながらこの営業成績も燃料費の高騰水準には遙かに及ばず、また今後の収益状況の大幅な改善を想定することが困難であり、山倉瓦工業株式会社としての粘土瓦製造の休止を決定いたしました。

 尚、今回の休止は山倉瓦工業株式会社としての製造についてのみであり、営業部門を受け持っているお客様への直接の窓口である山倉商事株式会社としての営業はこれまで通り続けさせていただきます。
今後の製品の供給につきましては、主に役瓦を中心にした在庫は潤沢にありますし、桟瓦についても品質に於いて信頼のおける同業者よりのOEM供給がまとまり近々にそちらの方も立ち上がる予定となっており、これまで通りの品質の防災瓦「バッチリくん」「バッチリくんPLUS」を供給できる見込みでいます。

 以上断腸の決断ではありましたが、状況をご理解の上引き続きご支援賜りますようお願い申し上げます。

敬具

 

 弊社製品を日頃可愛がってくださているお客様に対し、申し訳ない気持ちで一杯です。

 「山倉の瓦を使った責任施工」という営業をしていただいているお客様に、ご迷惑をお掛けしない体制への移行を進めておりますので、ご理解いただけると幸いに存じます。

 


 この件については、これまでこのBLOGで書こうとしてきたことや書きたかったこととは離れますので、発表内容についてのコメントは差し控えさせていただきます。

 具体的なお問い合わせ等が有れば、このBLOGのコメント欄ではなく直接営業窓口にお問い合わせ下さい。

(大きな業態の変革を当事者としてやっているわけで、速答できない場合もあり得ますし、それによって返って意図しない噂話に繋がる危険性もあり得ますので...。)

(コメント欄の閉鎖は今のところ考えていませんが、悪意でなくともコメントの内容によっては閉鎖やコメントの削除を行ったり、この記事自体の削除を行う可能性もありますので、その場合はご容赦下さい。)


 今暫くは慌ただしく、皆様のBLOGにお邪魔させていただいたり新規の記事は滞りがちになる可能性が高いですが、BLOG自体は続けていくつもりでいますので、宜しくお願いいたします。

続きを読む


nice!(17)  コメント(13)  トラックバック(3) 
共通テーマ:住宅
その他 ブログトップ
メッセージを送る
Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。