So-net無料ブログ作成
公開討論会 ブログトップ
- | 次の15件

投票率が下げ止まった!(愛知県知事選挙:マニフェスト) 2/6追記有り [公開討論会]

 昨日、『愛知県知事選挙』が無事終わりました。

 選挙の結果については、TV・新聞等でも盛んに報じられており特にコメントしませんが、
投票率が28年ぶりの水準である52.11%の高率(?)」と言う結果を、非常に嬉しく思いました!
 (特に我が高浜市では、平均値を上回る56.49%。誇らしく思えた今日この頃です)

愛知県選挙管理委員会へようこそ! 愛知県知事選挙選挙速報
http://www.pref.aichi.jp/senkyo/sokuho/index.shtml

 

 今回は、有力な候補者2名の一騎打ち(立候補者はもう一名有りましたが)だったことや、国政の兼ね合いもあり全国ニュースでも盛んに取り上げられていた(本来県政とは全く無関係な論点もありましたが)ことも有ろうかとは思いますが、
「両候補者が『マニフェスト』を掲げ、政策的な評価が可能だったこと」と、
「民間が行った『公開討論会』に両名が出席し、政策論争を行ったこと」も、
忘れてはならないと思います。

 少なくとも、「政策の違いがわからない?」「誰に投票すればよいか解らない?」との、毎回選挙で繰り返される棄権有権者の声に、今回は候補者側から一定の答えを出していただいた!とは言えるのではないかと考えています。

 私自身、両候補者のマニフェストを事前に入手し(NETでの入手が可能でした)、政策によって投票する候補者を決めましたし、何人かの知人にはマニフェストのコピーを見せて、政策について考えて欲しいとのアピールもさせていただきました。


 


 有る意味「マニフェスト」は、立候補者が我々有権者に投げてきたボールです。
政策を我々はキチンと文書化し、違いがわかるようにした!」
「有権者は、『斜』に構えることなく、責任を持ってどの候補に投票するかか選びなさい!」と....。

続きを読む


nice!(5)  コメント(11)  トラックバック(8) 
共通テーマ:ニュース

選挙の棄権は大人の行動ではない!(愛知県知事選マニフェスト) [公開討論会]

       
 選挙に関わる重苦しい話で恐縮です。

 私の住む愛知県では、今週日曜日(2/4)が愛知県知事選挙の投票日となります。

 私個人としては、憲法にも規定されている「国民の正規の政治参加の手続き」である「投票」を自分の都合で行わないで、政治をあれこれ批判したり、意見をする資格はないと考えています。

 投票するに足る候補者が居ない場合も、投票所に足を運び「白票」を投ずるのが筋であり、棄権するのは大人のする事ではありません。

 低い投票率は政治への「無関心」さを示す物であり、候補者への不満を示す物ではありません!

 

 幸いな事に、今回の愛知県知事選挙では、有力候補者がマニフェストを公開して、政策による選択委が可能なようになっています。

マニフェスト=各政策について具体的施策・予算・実施時期の3点セットが明記されている政権公約

 下記に、ダウンロード出来るHPのURLを紹介しておきますので、このBLOGを訪れて下さる愛知県民の方は是非ともご一読いただいて、政策的に賛同できる候補者に投票していただきたいと思います。

石田 芳弘 オフィシャルウェブサイト
http://www.y-ishida.com/index2.html

愛知県知事 神田真秋オフィシャルサイト
http://www.kandamasaaki.jp/


 個人的な事になりますが、私はマニフェストが今のように騒がれる前から、選挙の度に選挙事務所に直接マニフェストがないか聞きに伺い、入手するようにしています。

 これは、マニフェストの入手も勿論目的ですが、有権者の関心が政策に有るのだと言うことを立候補者に認識していただく事が、一有権者にすぎない自分に出来る数少ない政治参加だと思うからです。

続きを読む


nice!(4)  コメント(11)  トラックバック(10) 
共通テーマ:ニュース

議会の自殺(高浜市議会定数削減運動のその後):追記有り [公開討論会]

 昨年の11月に行った高浜市議会の議員定数削減の署名運動について、一昨日・昨日と臨時市議会が開催され、昨日(1/17)請求代表者の意見陳述&討論&採決があり一応の決着を見ることが出来ましたので、このBLOGでも書いておきます。

高浜市 議員定数削減の署名運動!
http://blog.so-net.ne.jp/kawaraya-taisei/2006-11-13

 まず昨年の署名結果についてですが、
最終的に高浜市選挙管理委員会の厳正なチェックの末、全有権者数31,500人の20.7%にもあたる法定数の約10倍(直接請求の要件)の6,525名もの署名が有効と認められ、
昨日の議会でも50席の傍聴席に収まりきらない80名もの傍聴者(高浜市議会始まって以来の傍聴者数だそうです)が見守り、運動の高まりと、市民の関心の深さを目の当たりにすることが出来ました。

 しかし、採決の結果は昨年の9月議会と同様、賛成8名、反対9名での否決が確定いたしました。


 今回、議会を傍聴した私の印象は、
率直なところ「議会の自殺」としか思うことが出来ませんでした。

 昨年9月議会で反対派が言った「回答数5,000人以上。回答率50%以上」のアンケートや署名がなければ信頼できる市民の声とは言えない!との基準を反対派は自ら示していたのに対し、
それを超える署名を集めたにも関わらず否決したと言うことは、良く議員先生の言う「市民の声を尊重する」と言う言葉が、「建前だけの大義名分に過ぎない」ものだと言うことを、露呈したことになります。

 全有権者の20%以上の今回の署名者は、それだけの署名が集まったのにも関わらずそれを無視する市議会という物に、言いしれぬ無力感を感じることになるでしょう。

 私は、議会自身がそうした状況を作り出すのは、市民から選ばれ、代表して議会に臨んでいるはずの市会議員諸氏の自己否定(自殺)としか考えられませんでした。

続きを読む


nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

高浜市 議員定数削減の署名運動! [公開討論会]

 私の住む高浜市では、市議会議員の定数削減の署名運動が起こっています。

 元々は、市に対して合理化や改革を求めるのならば議会自らが範となって率先して取り組もうとの趣旨で、9月市議会に提出され1票差で否決されたのに端を発しています。

 国会でも県議会でも、役人に対し行政改革を高らかに謳うものの現実には自分の職が奪われるおそれのある定数削減なんて、話題にすら上がりません。

 それに比べ高浜市は、自ら職を失うリスクを顧みず、議員が自分から定数削減を言い出しているわけで、私としては純粋に応援したい思いで、署名収集人に名を連ねました。

(一旦議会で否決された以上この議題は議会的には終わっており、署名運動などによる直接請求しか再度問題提起する方法がないと考えたこともあります。)

 

 実際街頭に立って署名を集めると、この問題が議会で討議されたこと自体知らない市民が大半で、ほとんどの市民には「定数削減は良いことだ!」との理解をしていただける方が多く、快く署名していただけています。

 個人的には、署名簿にどれだけ多くの名前を集めることが出来たかではなく、出来るだけ多くの市民に関心を持っていただき、「議会」という奥の院だけの議論ではなく、関心を持った市民の監視の上での議論を行っていただく状況さえ出来れば、最終的な結果の如何を問わず大前進だと思っています。

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

地縁・血縁・ドブ板選挙は嫌!(自分で出来ることを、自分でしよう!) [公開討論会]

 数年前に、地元の県議選・衆議院選挙で公開討論会の主催をしたことがあります。(といっても主催者グループの一人に過ぎませんが)
 

 
 私の住んでいる高浜市は、比較的中小規模の自営業者の多い人口4万人足らずの小さな街で、選挙の度に人間関係や地縁・血縁をベースにしたいわゆる「ドブ板選挙」が展開されてきました。
 
 そこには、政策や地域構想があるわけではなく、○○さんは人柄が良いとか、頼れるとか、オレの言うことが聞けないのか!など、本来あるべき選挙とはほど遠い世界でした。
(本当は政策や地域構想が当然あったのでしょうけれど、一有権者である私のところまでは聞こえてきませんでした)
 
 一有権者として「責任ある投票行動」がしたいと考え情報収集をしようにも、選挙事務所や単独候補者の集会などに行くしか方法が無く、そういう場所に行くと自動的に地縁・血縁ベースの後援会組織に絡め取られてしまい、とても足を運ぶことが出来ませんでした。
 
 
 あるセミナーで、公開討論会(第三者である市民が立候補者を一堂に会させて行う立ち会い演説会のような物です)の存在を知り、地元で友人のH君やF君と話をしたところ数ヶ月後に県議選を控えていたこともあり「そんな討論会があったらいいね、絶対聞きに行きたいね!」と盛り上がりました。
 
(ただ、その時点ではあくまでも「誰かやってくれないかなぁー」で、自分たちが主催するなんて事は考えても居ませんでした。)
 

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(11) 
共通テーマ:ニュース
- | 次の15件 公開討論会 ブログトップ
メッセージを送る
Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。