So-net無料ブログ作成

家族で「千万町茅葺屋敷」に行ってきました!(追記あり) [「家族」とともに]

 一ヶ月以上前のことになりましたが、岡崎の奥にある「千万町(ぜまんぢょう)茅葺屋敷」に家族といっしょにいってきました。

 ここは妻の生け花・お茶の師匠である内藤満里子先生のインスタレーションを行う場所として予定されており、webで調べたところ何やら良さげなところだと感じて足を運んだ次第です。

IMG_7515.jpg IMG_7544.jpg

 妻の師匠の内藤満里子先生は年に一回近隣の古民家を借り切り、「和の感覚」で空間演出と言う形のインスタレーションを門下生と共に行っています。

 一昨年は半田の「中埜半六邸」(ミツカン酢の中埜家のご先祖の家)、昨年は岡崎の「石原邸」で行ったのですが、いずれもが我が家は一家で参加し何とも言えないゆったりした時間を家族と共に過ごしました。(我が家の基本スタンスはイベントには家族で参加することです。)

 今回は正直言うとここ数年の「瓦屋根」の古民家ではなく、「茅葺き」と言うことなので若干テンションは下がりましたが、行ってみると大変良いところで、当日どんな空間演出がされるのか?とても楽しみに感じました。

 若干古い記事とは成りますが、妻が前売りチケットのノルマ(!?)を抱えていることもあり、その際の様子と今月のインスタレーションについて記事を書きます。(それだけではありません、結構良いところでした!!)

鬼嫁の向上心!?(子育てしながら習い事:着付け·生け花·お茶·そして仕事...。和服·茶道)
http://kawaraya-taisei.blog.so-net.ne.jp/2007-11-02

 


IMG_7505.jpg 半鐘のある火の見櫓に取り付けられた看板

 高浜を出発し岡崎の街中を通過して山間部に入り、1時間半ほどかかりました。

 行ってみると谷間の平地に何とも言えない昔ながらの農村風景が広がる中に「千万町茅葺屋敷」は佇んでおり、とても爽やかな雰囲気を持ったところでした。

(畑などには獣よけの電撃入りの網でかこってありました。昔よく出荷された瓦の色である青緑やチョコレートの色や塩焼きの瓦屋根の街並みと緑の濃さが美しかった。)

IMG_7509.jpg IMG_7535.jpg 千万町茅葺き屋敷

IMG_7500.jpg IMG_7498.jpg 懐かしい近所の瓦屋根

 この日は残暑のきつい日で朝家を出発する時はかなり暑かったのですが、標高500mのおかげなのか?、茅葺き屋根の遮熱効果のおかげなのか?、家に入ってかなり涼しく感じることに驚きました。

IMG_7533.jpg  茅葺き屋根はこれだけの厚さがあり、吸・排湿で温度調整します

IMG_7514.jpg 屋根を裏から見るとこんな感じ

 

 ちょっと建物の中を見た後、子供達と敷地内を探検に出かけました。

 庭には、のテーブルと椅子があり、小川を渡った向こうには(敷地内)木で作った手作りのブランコが掛けられていたり、屋敷脇の小川には階段がしつらえてあり水をさわりにもいけます。

IMG_7518.jpg IMG_7538.jpg

 

 

 蔵は檜皮葺(ひわだぶき)の上に自然石が置かれており、これもまた良い雰囲気を醸し出していました。

IMG_7536.jpg 檜皮葺の上に自然石で重し?

IMG_7540.jpg 石端建て&床下通気  IMG_7541.jpg 入り口脇の懐かしのポスト 

 子供達が先に行ったりブランコや水辺で遊ぶのに任せて、私は写真を撮りながら小一時間もいっしょに家の廻りを歩き回りました。

 

 暫くしてお腹が空いてきたので、子供達に声を掛けて屋敷内に入り昼食です。

 私と妻はうどん、子供達は五平餅を注文し、しばしてくるのを待ちます。

 (屋敷自体は地域の方達の手によって守られている様子なのですが、家の中にはその方達の手で五平餅やうどんなどが食べられます。入り口の別の建物で、手作りのオモチャなどのおみやげを売っていたりします。)

IMG_7524.jpg 「まだかなぁ~!?」

IMG_7528.jpg 2月に生まれた「太陽」も大きくなりました

 ここで普通のブロガーならば食べたものの写真撮影なのでしょうが、マヌケな私は食べるのに夢中で写真を撮るのをすっかり忘れていました。

IMG_7511.jpg 古民家のこんな感じが好きです

 

 中にいらっしゃる方に話をうかがうと宿泊も可能な様子(但し自炊)、いつか泊まってみたいと感じさせられる建物でした。

 

 以上、我が家の千万町茅葺き屋敷探訪記でした。

ぬかたいなか村-茅葺屋敷
http://homepage2.nifty.com/zemanjo-kayabuki/

千万町町茅葺屋敷
http://www.geocities.jp/yomogiu83/yomogiu_064.htm

千万町茅葺屋敷

 ブログランキング·にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
 日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。


 

妻の師匠の内藤満里子先生 インスタレーション 「色・風・想ひ」について

 冒頭書いたように、妻の生け花・お茶の師匠の内藤満里子先生のインスタレーション「色・風・想ひ」が10月24日~26日に行われます。

 我が家は例によって、家族全部で参加して25日夕方&26日に参加してその辺りを彷徨いている予定です。

(25日は近所の安い宿で満里子先生と一緒に宿泊かも?。夕刻から夜のライトアップが楽しみなので夕刻になんとかい蹴るように予定調整中です。)

 もし行ってみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、是非ともご来訪下さいませ!
(コメント下されば詳しいことをお教えしますが...。)

IMG_0221.jpg 一昨年の中埜半六邸のライトアップ

IMG_6376.jpg 昨年の岡崎-石原邸の様子

 ※)なんか宣伝みたいで、恐縮です。


内藤満里子インスタレーション 「色・風・想ひ」

今年は、岡崎市千万町の茅葺屋敷をお借りしての、自然も取り込んだ大きなスケールで行うことになりました。
木のブランコが揺れ、子ヤギが「メ~~エ」と鳴いています。
小川のせせらぎが水草を抱いて、優しく揺れています。
それもこれも、全部含めてのインスタレーションです。

どうぞ、どうぞ、私、一生懸命いたしますので、日本の美しい里山「千万町」の風や木や花に逢いにきてくださいませ。

10月24日(金) 10:00-19:00 
10月25日(土) 10:00-19:00
10月26日(日) 10:00-16:00

千万町茅葺屋敷にて(期間中は名鉄本宿駅よりバスが出ますので、事前に予約ください。)

若干入場料が必要です

問い合わせ:
Mariko-Style花教室 Tel:0566-91-0676

http://mariko-style.com

インスタレーション―満里子スタイル「色・風・想ひ」
http://mariko-style.com/05_installation.html

Mariko-Style しあわせノート(満里子先生のBLOG:最近インスタレーションの話題満載)
http://mariko-style.sblo.jp/

 

「10月11日追記」

 以下がニュースとして入りました。


インスタレーションでは、コンサートも企画しています。
24,25日の午後2時、4時あたりです。
ギター、ハーモニカ、キーボード、フルートなどで自然の風の中で、美しいメロデイーの演奏など・・・。

人気の子供のコーラスが、美しい日本の童謡を歌ってくれます。
プロの音響さんのKASAIさんも力を貸してくださいます。
ほぼみんなボランテイアです。
みんな「人間」やってる心強い仲間です。

Mariko-Style しあわせノート 衣浦小学校
http://mariko-style.sblo.jp/article/20928042.html

 ブログランキング·にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
 日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。
 


nice!(15)  コメント(22)  トラックバック(2) 
共通テーマ:住宅

nice! 15

コメント 22

わかって建築家

お子様 本当に可愛いですね。
by わかって建築家 (2008-10-10 20:22) 

アイコ

太陽君、大きくなりました!びっくり!!
わが子も一年後には…楽しみです。

インスタレーション楽しみにしています。
久しぶりの遠出です。
仕事の関係で残念ながらライトアップは見れそうに
ありませんが、日曜に伺う予定です。
たいせいさん一家に会える様にいきます。
うちの両親とは別々に行くと思うので夕方のライトアップがよさそうだと
伝えておきます。
by アイコ (2008-10-11 08:15) 

たいせい

 わかって建築家さん、今の家はまだ素直で屈託のない笑顔が見られるのですが、このまま真っ直ぐに育ってほしいものです...。

 nice! コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-11 16:35) 

たいせい

 アイコさん、1歳半くらいまでは本当に成長が激しく、仕事の帰りが遅く顔を合わせない日が続くと毎回どこか目に見えて成長していて驚かされる毎日です。
 表情や自己主張が出だすと目を離せなくなりますが、その分可愛さも一層増してきます。(妻に言わせると、ハイハイ直前の今が一番良い時期だそうです。)

 インスタレーションに関して、追記で書きましたが会場内で何やらコンサートのしつらえも決まったようです。
 小編成の音楽は結構こんな雰囲気の所に合いますので、宜しかったらそんな時間も頭に入れて行動されると良いかもしれません。(日曜日はないようなのでご両親にお伝え下さい)
 私の方の時間はまだ未定ですが(前日の宿泊も)、様子がわかったら旦那様の方にでも連絡させていただきます。

 コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-11 16:51) 

とりのさとZ

子供たちの表情が成長している感じがしました。落ち着いてきたみたいですね。秋になったせいかな。

by とりのさとZ (2008-10-11 17:52) 

スミッチ

このような屋敷を維持するのはいろいろ大変でしょうね。こんな建物で食べる五平餅はさぞ美味しいでしょうね。
by スミッチ (2008-10-11 19:27) 

yanasan

古民家も後世に残して欲しいものです
太陽君の笑顔がたまりません。。。
by yanasan (2008-10-11 23:53) 

浜松自宅カフェ

相変わらず元気いっぱいな子供達で笑顔が素晴らしいです。
うちの子供たちの掛け合いが楽しみです♪
by 浜松自宅カフェ (2008-10-12 00:52) 

こう

子ども達に良い体験をさせていますね。
見習いたいです。
いつもゲームばかりになってしまうので(今も起きてからすぐやってるし)、ちょっと考えないと・・・
by こう (2008-10-12 06:36) 

nina

家族でのイベントが多くていいですね。
子供達もこうして色々な事を体験して記憶していくんでしょうね〜。

by nina (2008-10-13 00:13) 

STEALTH

「瓦屋根」の古民家ではなく、「茅葺き」と言うことなので若干テンションは下がりましたが・・・・うふふ。微笑ましい。でも、いずれもキレイな日本の屋根ですね。
by STEALTH (2008-10-13 19:34) 

mike

我が家も、先月に似たような古民家の施設に行きました。
太陽君も、すっかり家族の一員ですね。
by mike (2008-10-13 20:31) 

たいせい

 とりのさとZさん、次男の成長度はハイハイの一歩手前でちょこんと座っていれば落ち着いており、つかの間の落ち着きを味わっています。
(これがもう一月もすれば自分で這い回るようになり、片時も目が離せなくなると戦々恐々としています。)
 引っ込み思案だった長女も自信を持ったのか自己主張を始めるようになり、長男も自分の意志を表現するようになって、子供の成長と共に月日の移ろいを感じています。
 子供の成長を見ていると本当に心が豊かになりますね。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:10) 

たいせい

 スミッチさん、何やら豊かな気持ちを味わうことが出来て「古民家」というのはとても良いですね。
 人が住まなくなると家和と単に壊れ出すようなのですが、半田の中埜半六邸や岡崎の石原邸でもそうでしたが、地域に根ざしたボランティアの方達が愛情を持って建物を守っていらっしゃる様子が垣間見られ、その点でも清々しい気持ちになることが出来た休日でした。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:16) 

たいせい

 yanasanさん、実はこの内藤満里子先生のインスタレーションを通して愛知にも思った以上に雰囲気の良い古民家が残っているのだと知り、驚いています。
 こんな建物を見ると、昨今の新建材を用いた家は新築時の姿は美しくともまがい物の建物であるかのように思えてきます。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:21) 

たいせい

 浜松自宅カフェさん、カフェのオープン家族と一緒に出かけたいと心待ちにしています。
 うちの子供達の場合互い違いに義妹のところの子供達が生まれて、米子の妻の実家に幾たびに一番下の子供が自分より小さな子供と出会った時の反応がとても面白かったです。
 特に下の娘さんと、家の長女との掛け合いが楽しみで仕方ありません。(長女は自分よりも年上の女の子とあまり遊んだ経験がありませんので)

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:28) 

たいせい

 こうさん、この年になって初めて知る場所やイベントへの参加をさせていただいており、人と人とのつながりの素晴らしさを感じています。
 我が家の場合はまだ子供達がゲームなどには目覚めておらず、私の休みには「父ちゃんどこかに行こうよー♪」と言うことになっているのですが、そろそろ「DSが欲しい!」等との言葉も聞かれるようになり始め、いつまでこんな事が出来るのか?と思っています。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:33) 

たいせい

 ninaさん、正直言って疲れてどこにも出かけたくない休日もありますが、いざ出かけてみると子供達の笑顔に癒されている自分を発見する場合がよくあります。(近くの公園に弁当持ちで歩いて出かけるなんてパターンが多いですが)
 成長すると自分の世間を持って親から離れていくものだと思っているのですが(そうでないと困ります)、今が我が家にとってもっとも良い時期なのでしょうね。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:40) 

たいせい

 STEALTHさん、亡くなった祖母の実家が富山県五箇山の相倉で(合掌造りで世界遺産)、茅葺きの家にも実はシンパシーを感じています。
(妻の実家も、築百数十年の「瓦葺き」古民家!?)
 そんな家を見ると、何故だか心が安まります。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:47) 

たいせい

 mikeさん、今住んでいる家は今風のフローリング多用の壁による間仕切りのある家なのですが、こうした古民家を見ていつも思うのは畳と襖・障子の家の素晴らしさです。
 この業界にいて今風の家を見慣れているのですが、古民家のエッセンスを取り入れた家に憧れを感じるようになりました。
 古民家も、保存対象としての建物ではなく人が居住する生きた建物として復権して欲しいと思うようになっています。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-14 16:52) 

夢空

太陽くんも、大きくなりましたね~すくすく成長していて楽しみですね(^-^)こういう家は、夏でも涼しいんですよね~中に入るとひんやりしますよね。冷房などいりません・・・。日本建築の素晴らしさを伝えていかないといけないですよね。
by 夢空 (2008-10-15 10:08) 

たいせい

 夢空さん、メンテナンスは大変なのでしょうが今回茅葺き屋根の良さを改めて見直しました。
 記や材料を大切にするこんな建物が新築でもどんどん建って欲しいと感じました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2008-10-15 10:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。