So-net無料ブログ作成

「里帰り中に車がクラッシュ(新名神下り)」 妻の実家山陰への帰省-前編 [とーちゃんの「親バカ日記」]

 お盆休みの8月12日から16日まで、3人の子ども達を連れて山陰の妻の実家に定例となった里帰りをしていました。

 新名神での愛車の冷却水漏れでロードサービスのお世話になって再度出直したり、帰りはやはり大渋滞との勝負となるなどの事件もありましたが、今回も義妹のところの3人を加えた6人の子ども達に囲まれ、日本海の夏の魚をご馳走になるなどとても楽しい旅となりました。

 今回はこの里帰りについての前編、「里帰り中に車がクラッシュ(新名神下り)」を書かせていただきます。(山陰での様子は、後編の記事で書きます)

 


「往路の愛車クラッシュ」  

IMG_1746.jpg セレナも哀れな姿に...。 

 今回の里帰りは、高速道路1000円の影響で車の量が多く渋滞もかなりのものになるとの予測のもとで渋滞を避けるべく妻の仕事が終わった11日の夜の出発と決め、午後9時半に家を出ました。

 

 まぁ、率直に言って参りました。

 やはり夜にしては多い車が走っている高速道路を「知多半島道路」→「伊勢湾岸道」→「東名阪」→「新名神」と走っていったわけですが、新名神に入り上り坂を登っていると突然ボンネットから「シュー!?」という大きな音が...。

 乗っていたのは初代セレナという古い車で、先日エアコンのガスが抜けてしてクーラーが効かずガスを入れたばかりでしたので(それも特定フロンR-12で、在庫を持っている修理工場を探すのが大変でした)当初はエアコンのガスが抜けたかと思いましたが、それにしては大きな音が長く続き、よく見たら水温計の針もかなり高い温度です。

 「これはマズイ!」と、徐行運転に入り路側帯の広いところを探しましたがなかなか適当なところが無く、水温計を見ながら少し走っていると目の前に現れたのがトンネルで、携帯電話が使えないところに入るわけにはいかぬと直前で車を路側帯に止めてボンネットを開けてみると、冷却水の蒸発する甘い匂いと多量の水蒸気が吹き出していました。

 

 「嗚呼!?、これでは里帰りは...。」 

 

新名神高速道路-下り30キロポスト

 

 気を取り直してロードサービスを呼ぼうと携帯電話を取り出してみると、かろうじて不通ではないものの何とアンテナが一本も立っていません。

(これではトンネル手前で停車した意味が...。)

 あれやこれやとやっているうちに、JHのハイウエイサービスの車が停車中の私たちをめざとく見つけ、後に止まり様子を伺いに来ましたので事情を説明するとカラーコーンをおいて立ち去りました。

 

 

 路側帯を暫く歩きアンテナの三本立っているところをみつけ、保険会社の24時間でサービズに電話をして1時間後にロードサービスのお迎えを受けました。

 保険会社も最終的には提携先であるJAFにロードサービスの要請を出すのですが、保険の契約内容によって立ち往生した場合の車の搬送費用や乗っている人の旅費や宿泊費などが出ますので、こんな時に備えて自動車保険の契約内容を確認しておくと良いです。

 

  結果ロードサービスのお世話になって我が愛車セレナは荷台に乗せられ、私たちはお迎えを要請した父の車で午前2時の帰宅となりました。

 

 「嗚呼!?、悲しき里帰り...。」

 

 


「妻のおかげで助かりました:家族の反応」

 今回のトラブルで素晴らしいと感じたのは、妻の対応です。

 家から100kmも離れたところで夜中に車が立ち往生したわけで、子ども達が騒ぎ出したら収拾が付きません。

 起き出してきた1歳半の次男「太陽」、そして助手席で終始起きていた4歳の長男「立夏」を終始冷静な口調であやし、それによって子ども達も進行していく事態を興味深げに見守るのみで騒ぎ出したりすることはありませんでした。

 なお6歳の長女「青葉」は大物で、一瞬目は覚ましましたがその後また深い眠りにつき、家に帰り着いたときには「何故まだうちに居るの?」キョトンとした表情を浮かべたことは忘れられません。

 

 「明日のことは、とりあえず寝てから考えよう」と妻に話をした後、家族皆で直ぐに布団に入り眠りにつきました。

 

 


「翌日の里帰り再チャレンジ」

 朝起きても、子ども達は行く気満々

 妻は新しくできた9月のゴールデンウィークでの出直しでも良いと言っていましたが、子ども達に押しまくられてます。

 JH発表の渋滞予測カレンダーによると、高速道路料金1000円の適応のない12日中であればまだ比較的道は空いており、午後3時から4時頃に渋滞の名所である「中国自動車道-宝塚」を超えるタイムテーブルで動ければほとんど渋滞無しに山陰までたどり着ける可能性があり、荷物を妻の日産ノートに積み替え午前11時半出発で再度里帰りに出ることになりました。

 (当初からこのタイムテーブルは頭に入っていたのですが、地震による東名高速の通行止めで車の動きがどう変わるかの予測が付かずに、当初前日夜の出発としていました。:もっとも家の冷蔵庫には全く食材が入っておらず、出発するなら速く出てどこかで昼食をとる必要がありましたが...。)

 

 この旅路は実に順調。

 各高速道路の渋滞予測の間隙を上手く突き、昨夜の呼称現場の脇を抜け、全く渋滞無しに夕方には妻の実家のある山陰に到着した次第です。

 

 想い出に残る「里帰り」でした!

 

 


PS.
 連休最終日である16日(日)の帰りは、いつものように宝塚の渋滞を午前中に抜けようと7時半に妻の実家を出たのですが(いつも午前中はほとんど渋滞していません)、東名高速道路の通行止めが解除された影響もあるのか?兵庫県に入ってからは終始渋滞で、愛知までは11時間も掛かってしまいました。

 

PS2.
 故障したセレナなのですが連休が明けて直ぐ修理工場に持っていきましたが、9月に車検を迎えることもあり修理代と車検代を合わせると30万円ほど掛かることが解りました。

 もともと昨年の会社整理時に車の処分をする際に車検までの期間が一番長いことから残した車で、30万円ものお金を掛ける価値があまり感じられない車です。

 現在中古車を物色中で、永の別れとなってしまいそうです...。(わが家計へのダメージは、いずれにしても深いです。)

 

 


 ブログランキング·にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
 日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。


nice!(38)  コメント(40)  トラックバック(2) 
共通テーマ:育児

nice! 38

コメント 40

kappa

お疲れ様でした。
奥様もさることながら、トンネルの前で停車したたいせいさんも冷静でしたね。
車はいつかは寿命がくるので仕方ないです。
事故に至らなくて何よりでした。
それにしても、渋滞情報は使えますね。
by kappa (2009-08-19 14:33) 

とりのさとZ

最近は長距離ドライブはしないのですが、若い頃は名神で京都へ、東名阪で和歌山・大阪経由で四国の実家へ良く帰りました。軽4です。これ、けっこう疲れました。途中でフェリーのネックがあるので、予約または飛び込みです。フェリーの一番最後に搭載されたことも2度ありました(普通車はダメで、軽で、これはラッキーでした)。
 ですから、長距離、車が普通に走って当たり前の感覚なんですが、それが狂うと大変でしたね。しかもご家族旅行でしたし。
 軽トラでは、冷却水漏れを経験したことがあります。500メートルくらい走っては止まり、また500メートル走って・・・の繰り返しで修理工場へたどり着きましたけど・・・。

by とりのさとZ (2009-08-19 18:20) 

こう

タイトルに「クラッシュ」とあったのでビックリしました。
家計へのダメージは大きそうですが、みなさん無事で何よりですね。
奥さんが一番の大物だったということでしょうか。
by こう (2009-08-19 21:05) 

yanasan

車の故障は誰も予想はしないですものね。
今の車は全てにコンピュターで制御されており路上では直せないそうです。JAFの人でもパンクかバッテリー上がりの修理程度だそうです。
by yanasan (2009-08-19 21:09) 

nina

交通事故でなくてよかったです。
しかし大変でしたね。

by nina (2009-08-19 21:39) 

たいせい

kappaさん、走行距離がもうすぐ30万kmに届こうかという車ですし、出張中の車の故障なども何度か経験しており、「車は壊れるものだ!」との意識を常に持って運転していますので、事故ででもない限りよほどのことがなければそう易々と動揺したりはしないつもりです。(??)
 しかし故障だと思った時点で頭にあったのは1歳半から6歳の3人の子供が耐えられるかどうかと言うことで、その点で本当に妻の冷静な対処を見て、「うちの鬼嫁もなかなかやるではないか!」と惚れ直した次第です。

 お正月やGW・盆休みなどの遠出の際には、毎回発表されている渋滞予想を参考にして移動時間帯を決めているのですが、かつてに比べてここ数年来格段に精度が上がったと感じています。
 しかしこれほどものの見事に嵌ったのは、今回が初めてでした。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-19 22:23) 

たいせい

 とりのさとZ さんが遠出されていた頃に比べると今は格段に道路状況も良くなり、車も良くなっていますので単純に比較は出来ないかと思いますが、商用車のバンの荷台に瓦を積んで東北や九州などにも普通に走っていくのが瓦業界の普通の姿で、私も一月に1回ぐらいは片道700km~1100km位の出張に出ており長距離の運転は全く苦になりません。
 当然その中では車の故障や事故などもあり(雪での通行止めでの立ち往生などと言うのも良くありましたし、オイル漏れでエンジンが焼き付き廃車などと言うのもありました)、それらを経験していたことで今回の故障に対しても普通に対処できたのだと思います。

 とりのさとZさんの時もそうなのでしょうが、うちの家族にとって「想い出に残る里帰り」になったのは間違いが無く、しばらくの間は何かある旅に話題になって出てきそうです。

 コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-19 22:32) 

たいせい

 こうさん、故障して動かなくなったという意味でクラッシュという表現を使ったのですが(おまけに恐らく廃車)、衝突などによる破損ではありませんのでご安心下さい。
 新しい車を探さねば成らず、一瞬「エコカー減税などを使って新車」なども頭を過ぎったのですが、今の私はそんな身分ではなく適当な中古車を探すつもりでいます。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-19 22:38) 

たいせい

 yanasanさん、破損箇所を調べてみましたがラジエーター上部のカバー(?)が圧力で膨らんで隙間が空いている様子がわかり、部品がなければとても直すことが不可能な故障でした。
 またロードサービスの方に聞きましたが、高速道路上の故障はとにかく路側帯を含む路上腹一刻も早く移動させるのが最優先で、はじめから工具をそれほど積んでいない車載用の搬送車での出動となるとのことでした。(街中を走っている、工具を積んでレッカー移動させられる車ではありません。)

 いずれにしても、過ぎてしまえば我が家の笑い話です。
 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-19 22:45) 

たいせい

 ninaさん、盛岡や九州に向けて夜通し走ることを思えば、一旦家に帰った後そのまま出発することも不可能ではありませんでしたが、家族の疲労具合を見て「まぁ強行するまでもない」と翌日の出発にしたわけで、自分自身としてはさほど大変だったとは思っていません。
 それにしても今回の再出発の際にハード面で驚いたのは、妻の愛車である日産のノートにこれほど大量の荷物が載るのか?ということで、セレナに積んでいた荷物のほとんどがそのまま積めたのは意外でした。

 そんなわけで今回の里帰りでも、またninaさんの近くを通り過ぎさせていただきました。
 いつか機会を作って、お逢いしたいですね!

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-19 22:54) 

ぺんたごん

”痛い”とは思いますが、モノだけの問題で済んで安心しました。
初代セレナは13年目、ではないのですか~?
エコカー減税の対象だったら少しは車の買い替えも家計に優しい・・・。

とにかく家族の誰もが無事で良かったです。

P.S.ちなみにウチの任意保険を契約更新だったので見直して
車両保険を薄くする(家計のために)ことに9月からしたとたん、
後ろを電柱に当ててしまいました~~~!←ワタシデス(汗)
一応、今までの契約中なので全額保障ですが・・・悩む&反省。(笑)


by ぺんたごん (2009-08-19 23:17) 

ユキ

大変でしたね~
いずれにしろ、大事なくて良かったです
by ユキ (2009-08-20 00:57) 

kurizo

とにかく、大事に至らなくてよかったですよ。
路肩に止めてクルマから出てひかれてしまう方も多いそうですので・・・。
kurizoは、今年はカミさんの実家に連れて行ってもらえず、家に独りポツーンとしておりました(^_^;)
by kurizo (2009-08-20 02:34) 

denn

ナイス・リカバリー!!
大事に至らず よかったです^^

オリも作業車のバネット^^冷却水漏れでスタックしたことがあります^^
仕事優先?で^^2リットルのペットボトル 5本積んで^^補充しながら走ってたんすが・・・・・あはは^^


by denn (2009-08-20 07:21) 

mykaira

夏休み色々ありますが、無事でなによりですね。
奥様は山陰の方なのですね、私も広島に住んでいるときに何度か行きました。ちなみに、うちは息子が高熱出したので夜病院へ駆けつけると焦っていたのかライトを付けっぱなししててバッテリーが上がってしまい帰れなく付近にガソリンスタンドもなく、夜で誰も助けが呼べず大変でした。お子様が何もなくてホント良かったですね。
by mykaira (2009-08-20 08:22) 

macoto

あーあの車!!
高速で、後ろ走ったとき
ものすごい黒煙あげてましたもん。

寿命だったんですかね。

しかし、奥さん
強いな~。
by macoto (2009-08-20 10:35) 

よっしぃー

記憶に残る里帰りになりましたね~
立夏君の頭の中には生涯忘れることの無い記憶となったことでしょう!

中古車選びはなかなか難しいと思いますが、信頼の置けるお店で購入したほうがいいですね!
J関係のメンバーの中にも車屋さんが数人いますが、そこいらに聞いてみてはいかがでしょうか?

PS、奥様の肝っ玉は大成君よりでかいようですね~
   と言うか、女の人っていざとなると、男より頼りになるものなんですよね。
   母は強し!!
by よっしぃー (2009-08-20 11:50) 

たいせい

 ぺんたごんさん、仰るように所詮ものの問題ですので、家計へのインパクトは別ですが、さほど緊迫感を感じることはありませんでした。
 そしてやはり悩ましかったのは、妻の実家で孫の顔を見られるのを楽しみにしていらっしゃるお義父さん・お義母さんだったり、落ち着くまで子ども達が静かにしていてくれるかどうかでした。

 セレナについては仰るとおり古い車で様々な補助措置の適用対象には成っていますが、現在の経済情勢での新車への買い換えはやはり厳しく、当面中古を探すことにするつもりです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 12:06) 

スミッチ

お疲れ様でした。
女の人、いや母は強しですね
たいせいさんのブログはコメント欄がいいですね。さらにいろいろ分かりますね。
ノートって結構荷物が載るんですね
by スミッチ (2009-08-20 12:09) 

たいせい

 ユキさん、大変は大変でしたが妻のおかげもあり精神的には至って平静に対応が出来、思いの外緊迫感は感じませんでした。
 終わった今だから言えることなのかもしれませんが、これも一つの経験でした。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 12:12) 

たいせい

 kurizoさん、路側帯を歩いていてひかれてしまう事例というのはかなり多く発生していますので、その点で子ども達が車内で冷静に過ごしてくれるかどうか?が、一番気になっていたポイントでした。
 途中立ち寄ったハイウエイパトロールもその点をクドイほど仰っており、二次的な事故を防ぐために故障車を一刻も早く高速道路から降ろすことと、それまでの期間は乗車している人間を車中から出さないと言うことが頭にあっての指導だと感じました。

 しかし深夜の故障だったから良かったものの、真夏の日中だったらエアコンも掛けられない車中ですのでたまりませんね。
 またロードサービスの方が仰っていましたが、夜は人数が少なく直ぐに立ち去ってパトロールを続けなくてはならないが、日中ならばもう少し落ち着いた対応をしてくれるそうです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!

PS.
 昨年だったと思いますが、妻と子ども達が飛行機で先行して里帰りに行ったときは、私も家でポツンと過ごして寂しかったです。
 こう言うのって、家族の存在感を逆に感じたりしますね。
by たいせい (2009-08-20 12:25) 

たいせい

 dennさん、私もペットボトルの水を足し足し走ったことがありますが、今回は何せ高速道路上で、帰路も高速道路を使わざるを得ずこんな仕儀となりました。
 車の故障というのはいつも突然で、それも慌ただしいときに起こり勝ちだと思うのは私だけでしょうか?

 nice! &コメント、ありがとうございました!
 ご心配をお掛けし申し訳ありません...。
by たいせい (2009-08-20 12:33) 

たいせい

 mykairaさん、妻は島根県と鳥取県の県境付近の出身で、家族での里帰りが、我が家にとってはお金のあまりかからない家族旅行のような感じになっています。
 里帰りでの車の故障はこれまでありませんでしたが、付き合っていた当時に当時東京に住んでいた妻と車で出かけた時に、やはり冷却系統のトラブルがあり大変だったことを思い出しました。

 車の故障ならば今ならJAFに「携帯電話で電話すれば直ぐに何とかなるのですが、携帯を持っていなかった頃山の中で故障した時には、連絡を取るための電話を求めて山道を歩いたこともありましたが、山の中や夜の故障は大変ですよね。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 12:45) 

たいせい

 macotoさん、あの時代のディーゼル車はエンジンを回すと黒煙が出るのが当たり前で、私の車の場合は油分はまだ出ていませんでしたので、エンジン自体はまだまだ大丈夫だと踏んでいました。
 但しチューブ類がかなりへたっていたのは事実で、ターボ関係やブレーキ関係などここ半年の間に急に小修理が増えるようになっていました。
 今回も修理自体にはさほどお金がかかるわけではないのですが、タイミングベルトが交換時期になっていたりと車検時の整備に費用が必要な状況でしたので、修理も諦め、違う車を物色しようと考えた次第です。

 妻についてですが、結婚して今年で十年になりお互い自己主張で衝突する場合が逆に増えてきましたが、こんな場面で何も言わずとも役割分担が出来て息が合うのだという事実に、なんだか嬉しくなりました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 12:54) 

たいせい

 よっしぃーさん、子ども達の記憶という意味では、妻と私があまりにも普通のことのように対応しましたので、あまり記憶には残っていないようです。
 ただ車は壊れるものだと言うことはしっかり認識していると思いますので、大人になって自分が運転する際に故障に出くわしても動揺しないメンタルが出来ていると良いですね。

 故障が起こっても妻があまり煩く首を突っ込んでこないと言うことは、私の対応に信頼を寄せていてくれている事の表れで、私も子ども達のことを気にせずに故障の対応に専念できたのは妻を信頼できると考えたからに他ならず、この故障への対応に関しては結婚してから10年の時間が上手く作用してくれてもいたようです。
 やはり妻は妻だったと、当たり前のことを再認識する契機となりました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 13:05) 

たいせい

 スミッチさん、昔個人的なHPを開設していたこともありますが、BLOGにこうして嵌ってしまったのはBLOGの持つコメントやTBのやり取りによる双方向性を素晴らしいと感じたからで、コメント返しにもこだわりを持ってやらせていただいています。(コメント機能やTBが無ければ、BLOGの魅力は1/3以下でしょう)
 記事を書くことそのものも、ある意味面白いコメントのやリトルを引き出すために記事を書いているとすら思っている場合もあり、コメントのやり取りが楽しくて仕方ありません。

 私の場合元々重くて長い記事が多いのですが、ともするとコメント欄のほうが更に長く内容も濃い場合も多々あり、情熱も注いでいますので気にして目を通していただけると嬉しく思います。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-20 13:17) 

ijimari

☆日本人なら瓦屋根を全体的にペイントした
車に乗れば大丈夫だと思います♪

by ijimari (2009-08-20 20:28) 

mike

とにかく皆さんが無事でなによりです。
少々ほろ苦いですが、思い出になりますね。
たいせいさんと奥さんの役割分担、完璧ですね。
脱帽ーです。
by mike (2009-08-20 22:18) 

そら

おつかれさまでした。
今年は我家も行き・帰り共に色々あり大変でしたが、たいせいさんご家族も大変でしたね。
途中のルートが同じなのですね。
忘れられない出来事だったでしょうが、私も今度通った時に思い出すと思いますよ。
by そら (2009-08-21 00:01) 

STEALTH

お疲れ様でした。しかし真夏の夜の車のトラブルは大変でしたね。
自動車保険のロードサービス、最近はかなり充実はしてきたとは思いますが・・・自宅から遠い場合の費用負担の度合いは違いがあるとは思います。
ご家族皆さんの元気でご無事がなによりです。
by STEALTH (2009-08-21 07:24) 

sachi

帰省 たいへんでしたね。
大人だけならまだしも 小さいお子たちがいるとなおさら大変です。
何かと便利な車ですが、予測のつかない事態もおこるようですね。
お疲れさまでした。
by sachi (2009-08-21 16:32) 

yukikaze

高速道路でこのような事態になっても全員無事だったということは幸いなことだったのではないでしょうか。

ただ、出費が痛いですね・・・。
by yukikaze (2009-08-21 21:47) 

たいせい

 ijimariさん、事故ならば目立つ車で走ればある程度防ぐことも出来そうですが、今回は故障なので多少目立ったところが回避は難しそうです。
 ただ、目立つ車には疫病神もとりつきにくいかもしれませんね!?

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:08) 

たいせい

 mikeさん、妻の冷静な振る舞いには今回本当に助けられました。
 普段はなかなか息が合わないのですが、非常時に息が合えばそれでOKだと思い始めています。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:10) 

たいせい

 そら さん、地震による東名高速通行止めの影響で帰路は名神→中央道かと思っていましたが、新名神→伊勢湾岸道を回られたのですね。(その後はやはり、東海環状→中央道でしょうか?)
 長い休みは普段長距離を走らない車が高速道路に乗ってくるため故障車が多いとの印象を持っていましたが、まさか自分の車が故障車になるとは思いませんでした。
 出直しの往路や帰路で交通情報に注意していましたが、新名神は故障車の負い道ですね。
 この区間で行きは5台帰りは4台、故障車がありました。
 そらさんも、遠距離ドライブの際にはお気をつけください。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:17) 

たいせい

 STEALTHさん、今回初めて保険のロードサービスを使い、いざというときに使いでのあるシステムだと感心しました。
 これまでロードサービスの種類などはほとんど気にしたことがありませんでしたので、良い勉強になりました。

 一点気になったのは、24時間サービスで親身になって対応してはいただけるものの、やり取りという点でJAFの手前に一社余分に介在することになるわけでレスポンスの悪さを少し感じたことです。
 ただその後の修理工場の手配や一時置き場所、乗車している人の交通手段や交通費、場合によっては宿泊費に至るまで、24時間サービスで親身になって対応していただけるわけですので、やはり素晴らしいと思いました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:25) 

たいせい

 sachiさん、旅にアクシデントがつきまとうのは車に限ったことではなく、新幹線や飛行機でも何か起こることがありますので、基本的にはやむを得ないことだと思います。
 妻の実家に無事に到着し、早速その夜から格好の酒の肴となりました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:28) 

たいせい

 yukikazeさん、事故ではなくて故障ですので、さほど大騒ぎすることもなく、無事に帰り着きました。
 ただ、仰るように出費が痛く、全く「泣きっ面に蜂」といったところです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-22 00:31) 

元気

こんにちは。

事故でなくて良かったです。ご無事が何よりです。
我が家は、2年前に乗り換えました。
やはり、走る度に水蒸気を上げて、蒸気自動車かと… (笑)
水を足して走りましたが、いよいよダメで、買い替えました。
実は、その車は、何年か前に全損となっています。
車両保険に入っていたので、なんとかその全損価格ギリギリいっぱいで修理。
エンジンも交換して乗っておりました。よく頑張ったと思います。
それは、突然の増水による半水没による全損でした。
走っていて、信じられないことに水没です。(汗)
車を降りて押しましたが… エライ目に遭いました。
と、息子にグチったら、
なかなかそんなことには遭遇しないから、スゴイ経験出来て良かったね。
だって。
悔しいけれど、納得するしか無かったです。
ケガや事故でなく、トラブルで良かったと思っています。

さて、良い車と出会えると良いですね。(^o^)丿
by 元気 (2009-08-22 17:12) 

たいせい

 元気さん、前に住んでいた家が良く水の来るところで私も車を水没させたことがあります。(何と家の前でした...。)
 水没した車は、内装の内側の断熱材やシートが水に浸かり半年かかっても湿気か抜けず、匂いに悩まされた記憶が鮮明です。
 今回の故障なのですが、基本的に起こってしまったことやどうしようもないことをあれこれ考えるのが嫌いですので、あまりどうこう考えているわけではありませんが、ただ家計へのダメージが痛いです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-08-24 10:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。