So-net無料ブログ作成

「初めてのファミリーキャンプに行ってきました!?」 [とーちゃんの「親バカ日記」]

IMG_1960-0.jpg

IMG_1963.jpg
dennさん一家との「キャンプの様子」

 BLOG友達のdennさんに誘っていただき、シルバーウィーク前半戦の9月20日・21日と長野県の桑原オートキャンプ場でキャンプをしてきました。

 テントで寝るのは結婚後まだ子供が生まれる前に登った穂高岳から8年ぶり、いつかは子どもを連れて家族で山登りに行きたいと思ってはいたものの、山本家としては初めての経験。

 6歳の長女「青葉」、4歳の長男「立夏」、そして1歳半の次男「太陽」の3人の子供にdennさんのところの3人を加えると、0歳児から6歳児までなんと6人の子ども達と過ごすキャンプは、さてさてどんな珍道中だったでしょうか...。

 


IMG_1973.jpg 両日とも雲一つ無い素晴らしい天気

 今回のキャンプでdennさんに教えられ試してみたのが、桑原オートキャンプ場の「楽々パック」

 これが何ともはや素晴らしいパックで、テントやタープ・マットや寝袋、ツーバーナーからグリル・食器やイスや机まで全てセットされていて、食材だけを持ち込めばキャンプが出来るという夢のような楽ちんセットでした。

IMG_1975.jpg 楽々パックには何もかも揃っていました

楽々パックのご案内-桑原オートキャンプ場
http://www.ina.janis.or.jp/~kuwabara/camp/sisetu/m12.htm

 

 こだわりの「角形七輪」「ランタン」などと、季節が多少秋めいてきますので心地よい睡眠のために山岳用の「オールシーズンシュラフ」「スリーシーズンシュラフ」「ダブルのシュラフカバー」、そして「毛布」と保育園用「お昼寝布団セット」2式に、食材としては前日魚屋で仕入れた三河湾産「大アサリ」「ヨシエビ」「イカの一夜干し」に、その他食材を持ち込むだけで済んだのは感動でした!

(ランタンもパックに含まれていたのですが、手持ちのものの方が明るそうだったので持ち込みました。)

 

IMG_1947.jpg IMG_1953.jpg 山本家一同

 この二日間、ただひたすら楽しかった

 かつて山登りの際にも感じていましたが、野外で過ごすと日常生活から完全に離れリフレッシュできますね。

 家に帰って日常に戻って寝るのとは違い、一夜を全く違う空間で過ごす。

 いつもとは違う環境で、いつもとは違う食材や道具で作る食事なども、大変美味しく感じます。

 

IMG_1955.jpg IMG_1958.jpg
6歳長女「青葉」、1歳半の次男「太陽」

 また子ども達もいつもとは違う環境が楽しくてたまらないようで、普段家ではなかなか見ることの出来ない満面の笑みを浮かべ、サイトの回りを我が物顔で走り回ります。

 

IMG_1951.jpg IMG_1967.jpg
「青葉」は「すーちゃん」と、すっかり仲良し

 特に今回dennさんの家の子ども達と合計6人の乳幼児軍団だったことで、子ども達どうしも直ぐにうち解け、連れ立ってそこいら中を掛け回っていました。

 1歳半の次男「太陽」のみはヨチヨチ歩きのくせにお姉ちゃんお兄ちゃんたちの後を追いかけ、「ボクにも出来るもーん」と真似をしたがり、危ないと思って手元に置いておこうとすると全身で不満をあらわにし、少し目を離すとどこかに行ってしまうと言う非常にデンジャラスな様子を見せてはいましたが...。

(dennさんのところも、来年はかおるちゃんが歩き出して大変でしょうね...。)

IMG_1981.jpg 何回も転んで、顔は額から頬から傷だらけ...。

 子ども達どうしで勝手に遊ばせておくと、それぞれの個性が露わになるのも大変面白かったです。

 dennさんに言わせると、うちの子供たちは落ち着きがあって良く見えるそうなのですが、私の方からはdennさんのところのはる君(5歳)・すーちゃん(3歳)は溌剌としたチャレンジャーで実に子どもらしくて良いと感じました。

 互いの子ども達が交わることで普段家では見せない顔も覗かせ、改めて自分の子どもの個性を感じることが出来ました。

(山本家の個性、denn家の個性というのも、それぞれにありそうですね...。)

 

IMG_1962.jpg IMG_1959.jpg
とーちゃんよりもdennさん一家に懐く、子ども達

 普段の生活ではお昼寝をしていても毎日8時か9時には寝てしまう子ども達が、やはりいつもとは違う環境に興奮したのか?、いつまで経っても眼をキラキラさせて寝たがらないのも印象的でした。

 翌朝、午前4時半に「とーちゃん、おしっこ!?」と長男「立夏」に起こされたのですが、以後興奮で寝付けなかったらしく、30分毎に「おしっこ出るー!?」と6回も起こされたのには参りました。

 なんと行ってもこちらは昨夜dennさんと午前様になるまで呑んでいましたので眠く、長男が「鬼」に見えました。

 ただ、ともすると家ではおしっこが出そうになってもそのままオネショをする長男が、自分から起きてとーちゃんを起こしたわけですので褒めてやらなければいけないのですけど...。

(後で聞くと、長男ははじめ妻の方に「おしっこー」と訴えたそうなのですが、妻が「とーちゃんに言いなさい!」と言った結果私の方に来たようです。勿論次男の相手を一手で引き受け妻は大変だったのですが、予測を超える「したたかさ」には参りました...。:妻も『鬼』かな?)

 

 


IMG_1976.jpg キャンプ場に隣接の、鱒釣り池

 翌朝またひとしきり遊び、お昼までかけてのんびりと撤収し、キャンプ場隣接の鱒釣り池まで遠征しました。

 

IMG_1987.jpg IMG_1978.jpg
長男は、少し引っ込み思案な雰囲気を感じました

 池で釣ったニジマスを料理していただきゆっくりとした昼食を済ませ、うだうだとゆったりとした時間を過ごし、午後3時頃楽しかったキャンプ場を後にしました。

IMG_1988.jpg dennさんのご家族(すーちゃんはうちの娘と探検かな?)

 

 帰宅の家路は勿論渋滞との勝負

 松川で中央道に乗ると恵那山トンネルの途中から土岐ジャンクションまでびっしりと渋滞しており、普段ならば2時間半あれば十分なはずの行程を4時間掛けて帰りました。

 ただ私の方はまだマシだったようで、横浜に帰るdennさんは7時間も掛かったそうです。

連休^^大渋滞^^ :dendenden:So-net blog
http://gumball-sp.blog.so-net.ne.jp/2009-09-22

 

 このキャンプに当たってはじめdennさんからお誘いを受けたときに妻の口から出た言葉が「キャンプにそのうち行こうと言ってはいても、あなたに任せておくと何時になるか解らない」「是非便乗させて貰いなさい!!」でした。

 

 帰宅後のの口からは、「楽しかったねぇー♪」「また行きたいねぇー♪」

 子ども達の口からは、 「すーちゃんと仲良しになったよー」「今度はいつ遊べるのー♪」(長女)

   「今度は川で遊ぼうねぇー♪」「お風呂はいりたかったなぁー」(長男:露天風呂がありました)

   「テケテケテケーー」「あぶばぶばぁー♪」次男)

 

 早速10月の初旬くらいまでに(寒くなるので)また行けないかと、日程の検討に入っています。

 

 dennさん、

「お誘いいただいて、そして大変お世話になってしまい、本当にありがとうございました!」

 

桑原オートキャンプ場
http://www.ina.janis.or.jp/~kuwabara/

桑原オートキャンプ場(長野県上伊那郡中川村)

 


「日の目を見るはずだった丸秘アイテム」

IMG_1970.jpg こんな成りでも、星野観察向きの反射望遠鏡です

 今回キャンプに行くことになって月齢を調べたら新月で、友人から借りて持ってきた丸秘アイテムがこの望遠鏡でした。

 星団観察向きの反射望遠鏡で、時期的に蠍座あたりの銀河の濃いところにあるいくつかの散開星団か、カシオペア座近くの二重星団「h-x」あたりを子どもに見せたいと思っていたのですが、キャンプ場の林の中は木立や周りの山が邪魔で想像していたより視野が狭く(h-xが天頂付近にに登るのは深夜)、また各テントサイトからのランタンの明かりなども多く無用の長物に終わってしまいました。

 空自体は大変暗く素晴らしい環境で、満天の星空と天の川を子どもに見せるという望みは達成できましたが、ちょっと消化不良です。

(なお「狭い車にこんなもの乗せてー!?」と、妻に大層呵られたのは言うまでもありません...。)

 

 

ブログランキング·にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ  にほんブログ村 政治ブログへ   にほんブログ村 子育てブログへ
 日本ブロク村アクセスランキングに参加しています。上のいずれかのバナーのクリック、お願いします。 
 せっかく書いた記事ですので、一人でも多くの方に読んでいただきたいとの思いを持っていますので、読まれる価値のある記事だと思われたらどのバナーでも結構なので、
是非クリックお願いいたします。 


nice!(58)  コメント(38)  トラックバック(1) 

nice! 58

コメント 38

とりのさとZ

さすがにアウトドア派の山本家ですね!

読む方も楽しかったですよ。
by とりのさとZ (2009-09-23 17:35) 

STEALTH

みんなたくましく成長してきましたねー。たのもしくもあり、これからが本当に楽しみですね。
by STEALTH (2009-09-23 20:08) 

yanasan

賑やかで楽しそうですね
ニジマスを丸かじりの姿を見てて,昔のテレビコマーシャルで流行った「わんぱくでも良い,たくましく育って欲しい」を思い出してしまいました。
連休中の高速道路は何処も渋滞していましたね。
by yanasan (2009-09-23 20:22) 

kurizo

キャンプいいですね~♪
kurizo家も連休中に行くか~と行っていましたが、インドア派の妻が、寝袋なんかで寝れないとか、いろいろグチグチ言うので、なしになりました。
連休直前に電話しても、TVや暖房なしのバンガローでしたら、新潟県内は、結構空いていました。
野外で過ごすとリフレッシュできる。そのお気持ちすごくわかります。
特にお子さんたちには、非常によい経験となったのではないでしょうか。
さすが、たいせいさん。いい、とーちゃんです(笑)。
by kurizo (2009-09-23 21:25) 

Yuki

楽々パックなんて、あるんですね!@@
これなら、お手軽にキャンプ出来て、便利ですね♪ ^^
by Yuki (2009-09-24 01:12) 

たいせい

 とりのさとZさん、「親バカ記事」にお付き合いいただき恐縮です。
 今回何よりも私たちを振り回したのが次男の「太陽」で、ちょっと目を離すとどこかに行ってしまい、片時も目を離すことが出来ません。(特に暗くなってからは数度行方不明に...。)

 密度の濃い、良い休日でした。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-24 12:00) 

たいせい

 STEALTHさん、日常から離れてどこかに行ったり、同年代の子ども達と交わっているところを少し離れてみると、子どもの成長を感じますね。
 今回のキャンプでは、そんな悦びも感じました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-24 12:03) 

たいせい

 yanasanさん、今回次男の方にはたくましさ(無謀さ)を感じましたが、長男についてはお姉ちゃんや1歳年上のはる君の後にくっついて走り回るだけで、ややもの足らないと感じました。
 ただこれは本人の性格と環境の影響も多分にあり、家の中で長男教育を少しずつはじめていますので「お兄ちゃんはどうするべきなのか?」「男はこんな事をして良いのか?」など、本人なりに考えながら行動している気配もあり、今暫く様子を見守りたいと思っています。(必要以上に萎縮させないように...。)
 もっと私が長男を構ってやらないと、いけなかったのでしょうね。(男どうしの探検とか、男の秘密とか。)

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-24 12:16) 

たいせい

 kurizoさん、アウトドアが苦手な奥さまには是非一度山登りに連れて行き一週間お風呂に入れない世界を経験すると(そうでなければ素晴らしい風景や感動体験ができないと言う世界)、ショック療法で大きく変わるかもしれません。
 ソフトランディングがお望みでしたら、バンガローなどで寝るところだけは確保しておくパターンなども良いかもしれませんね。

 今回は盛夏よりも蚊などの虫が少なく、むしろ過ごしやすいキャンプだったかもしれません。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-24 12:23) 

たいせい

 Yukiさん、今回のキャンプのお誘いを受けたときに、昔登山で使っていた山岳用テントなどを引っ張り出さねばならないのか?と一瞬躊躇しましたが、「楽々パック」成るものがあると聞いてとたんに心が軽くなりました。
(登山用のあまり快適でない装備ならば一通りは揃っています。但し倉庫から引っ張り出さなくてはならないのと、オートキャンプ用の装備に比べ居住性に於いてレベルが低いのですが...。)
 おまけに私たちが撤収した日にそのまま使う人が居たようで、テントやタープなどたたんでしまう必要がないという大変素晴らしい状況でもありました。

 次回キャンプに行くときも「楽々パック」目当てで、またこのキャンプ場を目指してしまいそうです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-24 12:31) 

macoto

niceオフ会じゃないですかー
近い年の子達が集うなんて
いやー。いい。すごくいい。
しかも、場所が関東・東海に近い
長野って辺りがいいですねー
いつか参加したいかも
野外飲み会に
by macoto (2009-09-24 16:15) 

よっしぃー

キャンプ楽しそうですね~
らくらくパックみたいなのをやっているキャンプ場って、最近はボチボチあるようですね、キャンプ用品も一気に揃えると結構お金がかかりますが、ちょっとづつ揃えていくのも楽しいものですよね。

子どもが一緒に行ってくれるうちに、ばんばん行って下さい。
ちなみに、私がお勧めするキャンプ場は、平湯オートキャンプ場です、遠いから2泊くらいしたいですね、近くには新穂高ロープウェイや上高地、飛騨高山などいいとこばっかり、(大成さんのよく知った場所ばかりですね!)キャンプ場自体は最近ありがちな綺麗な整備されたキャンプ場と違って、ごく普通な感じなのでいいと思います。

機会があったら一緒に行きましょう。
by よっしぃー (2009-09-24 17:37) 

denn

いやぁ^^楽しかったですね~^^
10月^^オレも 行こうかな~^^ 桑原好きだし^^
by denn (2009-09-24 18:36) 

nina

このキャンプ場のサイトを見てみましたが、ツリーハウスなんかもあるんですね。
かなり安く泊まれるみたいだし行ってみたいですね〜。
by nina (2009-09-24 21:56) 

SIBA

キャンプなんて、結婚前に数回しただけです。
テントで寝れない癖に、キャンプ好きなんですよ^^;
記事拝見してたら、また、やりたくなっちゃいました♪(^^)
by SIBA (2009-09-24 22:45) 

plusgate

実に楽しそうですね~
うちも参加できる余裕ができたらお願いします♪
by plusgate (2009-09-24 22:52) 

kappa

お疲れ様でした。
普段は何気なく済ましている食事が、キャンプでは大イベントなのですね。
望遠鏡は面白い形です。焦点距離が短くて倍率は小さいのかも知れませんが、口径が大きいので明るく、星団観察などの用途にはもってこいですね。何より筒の長さが短くて持ち運びしやすいというのが良いです。
渋滞の中の運転は大変ですが、奥様や子供さんが、「楽しかった」と言ってくれると、疲れも吹き飛ぶことと思います。
by kappa (2009-09-25 07:36) 

たいせい

 macotoさん、前の記事にしゃくとりむしさんがコメントをつけてくださいましたが、それぞれ子どもを連れた野外オフ会(家族会)などというのも面白そうですね。
 ほぼ同じ年代の子どもが揃っていますので、かなり面白いのでは?

 nice! &コメント、ありがとうございます!
by たいせい (2009-09-25 08:55) 

たいせい

 よっしぃーさん、東海北陸道方面は私にとってあまりなじみがないのですが、こちらも良さそうなところが沢山あるのでしょうね。
 地のものを食べるという意味で、角形七輪の残り火で焼く「朴葉味噌」など、考えただけでヨダレが出てきます。
 是非機会がありましたらご一緒させてください。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:00) 

たいせい

 dennさん、お話しさせていただいたように10月は平日を狙っています。
 もし日程の調整がつくようでしたら、是非ご一緒させてください。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:01) 

たいせい

 ninaさん、仰るようにこのキャンプ場ですが、自然だけではなく財布にも優しい優れものでした。
 楽々パックのおかげもあって出費が抑えられたのも、大変素晴らしいと感じました。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:12) 

たいせい

 SIBAさん、山登りを永年やっていましたのでテントで寝ること自体は全く苦にならず、楽しいキャンプをすることが出来ました。
 私もテントで寝るのは8年ぶりだったのですが、今回楽しかった印象が強く、クセになってしまいそうです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:12) 

たいせい

 plusgateさん、なにやらアウトドア系に違和感のない方が多そうなので、野外オフ会なんてのも良いと、今回思いました。
 奥さまは大変かもしれませんが、dennさんのところで乳飲み子を抱えてのキャンプは可能だという事例を見せられましたので、近日中に実現しましょう。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:12) 

たいせい

 kappaさん、この望遠鏡ですが鏡筒の底が丸くなっていて台座の上を滑らせることによって方向を決める構造で(ドブソニアンのイメージ)、架台や足がいらない分だけ荷物が軽く機動力のある望遠鏡です。
 F値が小さく焦点距離が短い分だけ収差もかなりのものなのですが、星団観察に使う場合には双眼鏡などに比べて一旦視野に導入すればそのまま覗かせれば良く、子ども達に見せるには最適だと考えて友人から借りて持ち込みました。(本当は私も欲しかったのですが、手に入りませんでした。)
 単にキャンプだけではなく私なりに少しでも良いから味付けをしたいと思ったのですが、今回は上手く行かず少し残念でしたが...。

 本当に、帰宅後子ども達から「また行きたいねー♪」と言われると、疲れは吹き飛びますね。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-25 09:25) 

kido_azusa

かっこいい反射望遠鏡ですね。日食のときもそうでしたがお天道さまには勝てませんね。子どもたちの楽しい思い出ができてよかったです。
by kido_azusa (2009-09-25 09:49) 

emiko223

次男くんがつけている緑色のスタイがうちの次男とおそろいでした(笑)
なんか親近感わくなぁ~
たいせいさんがご家族を大事にされてるのがわかりますよね
うらやましい~たいせいさんの奥様は幸せな方ですね!
by emiko223 (2009-09-25 09:55) 

sachi

素敵なキャンプよかったですね。 
子どもたちと キャンプするのもあこがれの一つでした。
楽々パックがあれば 気軽にキャンプで来ますね。
ちょうど良い時期で最高
子どもたちがのびのび行動する様子が伝わってきます。

by sachi (2009-09-25 11:21) 

chiyo

ただひたすら楽しかった~。という一言にキャンプの中身が凝縮されていますね。そしてキャンプは大人数で行くと楽しいですね。お子さん達も楽しそうですね。
服装を見るとちょっと寒かったのでしょうか?和歌山は日中暑いくらいでした~。私もまたキャンプに行きたくなりました。ラクラクパック・・・素敵だわ。
by chiyo (2009-09-25 21:12) 

たいせい

 kido_azusaさん、天気自体には恵まれ満天の星空は見られたのですが、各テントサイトの灯りが邪魔にならないところは木立の中で空があまり広がっておらず、空が広がっているところは灯りが眩しき手良く見えないという状況でした。
(木が切られているところがテントサイトなわけで、当たり前と言えば当たり前なのですが...。)

 多少そんなこともありましたが、本当に楽しいキャンプでした。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-26 08:30) 

たいせい

 emiko223さん、家族を大切にと言うよりも、家族の笑顔が自分自身にとって元気の元になっており、自分の悦びのためにやっているだけのような気がします。(家族サービスなどとは、考えたことがありません。)
 妻に言わせると私は随分マイペースに見えるらしく評判は芳しくないのですが、いただいたコメントを彼女にしっかり読ませなければ...。

 nice! &コメント、ありがとうございます!
by たいせい (2009-09-26 08:35) 

たいせい

 sachiさん、子どもと何か新しいことをするというのは、また新しい子どもの顔が見られると言うことでもあり、本当に楽しいですね。
 また山登りの一環としてでしかやったことのないキャンプでしたが、家族と共にすることでまた新しい楽しさを自分自身が発見できました。(家族というのは本当によいものですね...。)
 我が家にとって定例行事化してしまいそうです。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-26 08:39) 

たいせい

 chiyoさん、日中は半袖でちょうど良かったのですが、日が沈むと徒に気温が下がり寒くなってきました。
 当初からそのように聞いていましたので、着る物は長袖とトレーナーを用意し登山用の寝袋や毛布なども持参しましたので、夜はぐっすり寝ることが出来ましたが感覚的には10月半ばくらいの気温だと感じました。
(台風の去った後で、大陸から冷たい空気が流れ込んだ影響もあるのでしょうが))

 今回我が家にとっては初めてのキャンプだったわけですが、自分自身すこぶる良い印象を持ち、家族の評判も非常に良かったので、これからも何度も行くことになりそうです。(勿論そのばあいは楽々パック。:一度使ったら離れられそうにありません。)
 そして近い将来、家族で山登りに行きたいと思っています。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-09-26 08:48) 

ぺんたごん

たいせいさん一家もキャンプにこれで続々と行けますね♪
一度野宿(笑)を体験すると病み付きになりますよね。
ウチも娘が大好きで、できれば今年も出かけたかった・・・

それにしてもキャンプパックは荷物が少なくて済むので
いいですよね~!食材だけ用意したらできるなんて、なんて極楽!
私は初心者の人と全部パックを利用したことがありますが、
食材はやっぱり自分の好きなやつの方がいいなと思いました。

午前様まで飲み明かす・・・いいですね♪
by ぺんたごん (2009-09-27 17:21) 

たいせい

 ぺんたごんさん、三河山間部のキャンプ場でどこか良いところを紹介していたBLOGがあった記憶がありましたが、ぺんたごんさんのところだったのを思い出しました。
 今回のキャンプではセットに炭のグリルがあったにもかかわらず角形七輪を持ち込み、食材も自前だったわけですが(肉などはdennさんに大変お世話に成りました。)、仰るようにどこか自分なりの「こだわり」や「らしさ」がないとつまらないのでしょうね。
 元々不便なのが、キャンプの良さでもあるわけですし。

 nice! &コメント、ありがとうございました!

PS.
 まだうちでは、オータムキャンプの夢を捨ててはいません...。
 
by たいせい (2009-09-28 11:19) 

父ちゃん

キャンプ楽しそうですね(*^_^*)
すっごい子供たちも生き生きしてていいな~☆
by 父ちゃん (2009-09-29 23:15) 

たいせい

 父ちゃんさん、このキャンプに気をよくして今週末に日月と、今度はバンガロー泊で(寒そうなので)また行くことになりました。
 食事時に子ども達に発表したら今度も大騒ぎ。 また楽しい事になりそうです。
 家の中とは違う子ども達の姿が見られるのも、キャンプの素晴らしさですね。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
 
by たいせい (2009-10-07 11:19) 

浜松自宅カフェ

うちらも来週末、dennさんとこと合宿です♪
by 浜松自宅カフェ (2009-10-15 19:21) 

たいせい

 浜松自宅カフェさん、このキャンプの時に話を聞きました。
 うちも先週末、軟弱なことにバンガローを借りて奥三河に出張ろうと思っていましたが、残念なことに長女が熱を出して断念。庭でバーベキューをしてお茶を濁しました。
 欲求不満気味な私としては、庭で友人などを招いて「七輪(サンマ)の会」を企画中です。

 nice! &コメント、ありがとうございました!
by たいせい (2009-10-15 22:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

Locations of visitors to this page

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。